遠藤憲一、山田涼介演じるエイジの“育ての親”に「温かい家庭の雰囲気がにじみ出るよう」

0

2022年08月18日 05:30  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『親愛なる僕へ殺意をこめて』への出演が決定した遠藤憲一(C)フジテレビ
『親愛なる僕へ殺意をこめて』への出演が決定した遠藤憲一(C)フジテレビ
 人気グループ・Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演する、10月スタートのフジテレビ系連続ドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて』(毎週水曜 後10:00)のレギュラーキャストが18日に発表され、遠藤憲一が出演することが決定した。

【写真】主題歌を担当するHey! Say! JUMP

 連続殺人犯を父に持つ大学生・浦島エイジ(山田)はある日、自らが二重人格であることを悟り“もう1人の自分”が殺人を犯しているかもしれないと、底知れぬ不安にかられ、真相を明らかにしようと決意。驚がくの事実が次々と白日の下にさらされていく、どんでん返しのストーリー展開が見どころの二重人格サスペンス。これまで、半グレ集団が運営するデートクラブで働く女性・ナミを川栄李奈が演じることが発表されている。

 遠藤が演じるのは、山田演じるエイジの義父・浦島亀一(うらしま・きいち)。エイジの実の父親の保護司であった亀一は、エイジを引き取り、実の息子同然に愛情を注いで育て上げる。また、模倣事件発生後、警察に疑われるエイジの無実を信じ続ける。

 遠藤のほか、門脇麦、尾上松也、早乙女太一、高嶋政宏(※高ははしごだか)、桜井ユキ、佐野史郎がレギュラーキャストとして出演する。

 また、同作の主題歌は、主演の山田が所属するHey! Say! JUMPが担当することが決定した。曲名などは今後発表となる。

■遠藤憲一コメント
――台本を読んだ感想・印象。
「いろいろ大変だろうな…という印象です(笑)。どの脚本もそうですが、原作がある作品は膨大な内容の中からドラマにする部分を抽出して表現していくので、苦労が見えました。ですが、草ヶ谷プロデューサーと松山監督がこの作品に勝負をかけているなと感じましたので、面白い作品になると確信しております」

――自身の役の印象や思い。
「エイジの育ての親になるので、血がつながっていなくても本当の親子みたいになれるよう、僕自身もここは工夫して役を作っていかなければいけない部分ですね。温かい家庭の雰囲気がにじみ出るように演じられればいいなと思っています」

――主演を務める山田涼介の印象。
「Hey! Say! JUMPのメンバーとは、何名か共演させていただいているのですが、山田くんとは今回が初共演になります。もちろん彼の演技をお見かけしたことはありますが、ピンと張りつめた演技を得意にされている方という印象なので、一緒にお芝居するのが楽しみです。Hey! Say! JUMPの皆さんは才能豊かなグループなので、この勢いで全メンバーとの共演を果たしたいですね(笑)」

――視聴者へメッセージ。
「こういうジャンルのドラマは、手を出す(作品にする)のに勇気がいるのですが、そこにあえて踏み込んでいく(挑戦していく)作品なので、ハラハラドキドキしたい方や、最近テレビがつまらなくなったと思われている方には、ぜひ見ていただきたいなと思います」
    ニュース設定