山田涼介主演『親愛なる僕へ殺意をこめて』レギュラーキャストに門脇麦、尾上松也、早乙女太一ら7人

0

2022年08月18日 05:30  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『親愛なる僕へ殺意をこめて』追加キャスト陣 (C)フジテレビ
『親愛なる僕へ殺意をこめて』追加キャスト陣 (C)フジテレビ
 人気グループ・Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演する、10月スタートのフジテレビ系連続ドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて』(毎週水曜 後10:00)のレギュラーキャストが18日、発表され、門脇麦、尾上松也、早乙女太一、高嶋政宏(※高ははしごだか)、桜井ユキ、佐野史郎、遠藤憲一の出演が決定した。

【写真】主題歌を担当するHey! Say! JUMP

 連続殺人犯を父に持つ大学生・浦島エイジ(山田)はある日、自らが二重人格であることを悟り“もう1人の自分”が殺人を犯しているかもしれないと、底知れぬ不安にかられ、真相を明らかにしようと決意。驚がくの事実が次々と白日の下にさらされていく、どんでん返しのストーリー展開が見どころの二重人格サスペンス。これまで、半グレ集団が運営するデートクラブで働く女性・ナミを川栄李奈が演じることが発表されている。

 レギュラーキャストに決定した門脇が演じるのは、エイジと同じ明京大学に通う女子大生・雪村京花(ゆきむら・きょうか)。エイジの実の父親が連続殺人事件の犯人だということがキャンパス内に知れ渡り、まわりがエイジに白い目を向ける中、彼女の京花だけは唯一態度を変えず彼を受け入れる。どんな時でもエイジに寄り添ってくれる京花は、エイジにとってかけがえのない恋人だったが、そんな彼女にも驚天動地の秘密があった。

 松也が演じるのは、通称“サイ”と呼ばれる佐井社(さい・やしろ)。暴力団組織とも対等に渡り合うほどの勢力を誇る半グレ集団「スカル」のカリスマ的リーダー・サイは、川栄演じるナミを働かせているデートクラブ「アリス」を運営している。サイのトップたるゆえんは、力ずくで敵をねじふせる“暴力性”。特に、敵対する相手への“拷問”は見るに堪えない。それゆえ、15年前に拷問による連続殺人事件を起こしたエイジの父親に強い興味を持つと同時に、息子であるエイジにも興味を抱いている。

 早乙女は、八野衣真(はちのい・まこと)を演じる。八野衣は、エイジの実の父親で、15年前に発生した連続殺人事件の犯人とされている。その被害者の遺体にはあらゆる拷問の痕跡と“LL”という刻印が残されていたことから、殺人鬼・LLと呼ばれていた。そして、警察に追い詰められた八野衣は、自ら火を放って自殺を図ることに。

 桜井が演じるのは、桃井薫(ももい・かおる)。男気のある美人刑事・桃井は、新人時代に15年前の連続殺人事件を担当。当時の捜査方針に疑問を抱いていた桃井だったが、警察組織の方針に逆らえず、悔いを残したまま事件が終了を迎えた。だが、その15年前の殺人事件と酷似する模倣事件が発生。殺人鬼の息子・エイジを疑い、因縁の事件解決に並々ならぬ執念を燃やす。そんな桃井にも、まわりにひた隠しにしている秘密があり、それがある事件が起こる引き金となる。

 高嶋は、猿渡敬三(さるわたり・けいぞう)を演じる。警視庁の管理官で、桜井演じる桃井の上司。エイジの父親が起こした15年前の連続殺人事件と酷似した模倣事件の指揮を執ることに。清廉潔白で絵に描いたような警察官に見える猿渡にもある秘密があった。

 佐野が演じるのは、白菱正人(しらびし・しょうと)。帝東大学の教授である白菱も、人には言えないある事情を抱えていた。遠藤が演じるのは、山田演じるエイジの義父・浦島亀一(うらしま・きいち)。エイジの実の父親の保護司であった亀一は、エイジを引き取り、実の息子同然に愛情を注いで育て上げる。また、模倣事件発生後、警察に疑われるエイジの無実を信じ続ける。

 また、同作の主題歌は、主演の山田が所属するHey! Say! JUMPが担当することが決定した。曲名などは今後発表となる。

    ランキングエンタメ

    ニュース設定