『六本木クラス』第7話、ついにタイトル回収 新(竹内涼真)が起死回生を賭けた奇策を打ち出す

0

2022年08月18日 06:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『六本木クラス』第7話より(C)Kwang jin /tv asahi
『六本木クラス』第7話より(C)Kwang jin /tv asahi
 俳優・竹内涼真が主演する、テレビ朝日系木曜ドラマ『六本木クラス』(毎週木曜 後9:00)の第7話が、きょう18日に放送される。前回の第6話では、「二代目みやべ」が入るビルのオーナーが長屋茂(香川照之)に替わり、宮部新(竹内)たち立ち退きを迫られた。しかも茂は、「二代目みやべ」が移転しようとも、移転先のビルも片っ端から買うと言い、猛攻を仕掛けてきていたが、起死回生を描けた奇策を打ち出す

【場面カット】葵が新の腕に寄り添い膝枕…恋が愛に変わる瞬間?

 そんな窮地に追い込まれた状況でも決して屈しない新。さらに“復讐”に突き進む新は、「二代目みやべ」を法人化することを決意し、麻宮葵(平手友梨奈)たちメンバーと意見を出し合って命名した新会社「六本木クラス」が誕生する。

 茂によって立ち退きを余儀なくされた新たち「二代目みやべ」一同は、新たな場所で再スタートを切ることに。前を向き、やる気に満ちるスタッフたちだったが、そんな気持ちを折るかのように、「1年以内にここは潰れるよ」と言葉をかけてくる女性が現れる。

 不安がよぎる一同だが、その言葉通り再オープンした「二代目」客の入りは芳しくなく…。まるで予言者のような田辺弘子(倍賞美津子)という、その女性は、その後も「二代目みやべ」に顔を出すのだが、またしても不安を煽るようなことを言ってくる。田辺は一体何者なのか。
    ニュース設定