水野美紀、スタッフにすら正体は秘密で「舞台裏はものすごく孤独」 顔を隠してパフォーマンス、“マスクド・シンガー”インタビュー

0

2022年08月18日 12:32  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真水野美紀さん
水野美紀さん

 マスクで顔を隠した著名人がパフォーマンスで競い合う音楽ライブエンターテインメント「ザ・マスクド・シンガー」(Prime Video)シーズン2が8月4日から配信中。シーズン1に出演した水野美紀さんが、今シーズンはマスクの下の正体を探るパネリストとして番組に参加しています。



【画像】水野さんことローズ



 シーズン1では惜しくも優勝を逃し、ファイナリストとなった水野さん。独特の芝居がかったパフォーマンスが強烈な印象を残し、MCの大泉洋さんをして「ドカドカ受けていた」といわしめています。しかしそれは歌手ではないからこそ「私の持っているものを全て使って戦った」と苦肉の策だったことを明かしています。



 パネリストとして参加した新シーズンのパフォーマーへ向けて「皆さんも歌プラスαで得意の技を見せて」とアドバイス。シーズン終了後だから明かせる裏話を聞きました。



●非主流が勝ち残るには「姑息な手を考えて」 話題のパフォーマンスの舞台裏



―― シーズン2では水野さんの影響を受けている方が多いと聞きました。



水野美紀(以下、水野) ストーリー仕立てにすることで、本業じゃない人達も決勝まで残れる可能性が見えてきたというか。歌がうまいだけで選ばれていたら歌手の人が結局優勝するじゃないですか。歌手じゃない人は武器を持て、武器を使えと言いたいです。



 私は歌手じゃないですからね。私の持っているものを全て使って戦ったという感じです。皆さんも歌プラスαで得意の技を!



―― シーズン2でマスクドシンガーとして出場している後輩へ、何かアドバイスはありますか?



水野 次も見たいと思わせるような、姑息(こそく)な手を考えて。お客さまの好みもあるかと思いますが、私の場合はストーリー仕立てのパフォーマンスにして「次どうなるんだろう」って思わせるようにした。



 「マスクド・シンガー」は、もう一度パフォーマンスが見たいと思わせれば勝ちっていう勝負。歌手の人は歌を武器に、歌手じゃない人は歌以外のものを武器にしたっていいじゃないかと思うんですよね。



 オリンピック選手の方なんかはその技も入れちゃえばいいし、格闘家の方は体を張ったものを何かやっちゃえばいい。ドロップキックとか、私はぜひ見たいです。一番得意なことをパフォーマンスに組み込んで。



―― シーズン1に出演して反響や影響はありましたか?



水野 ありました。仲のいいママ友パパ友が見てくださっていて、カラオケに誘われるようになりました。歌ってくれと。だからまだちょっと練習しています。



―― それはうれしい! シーズン参加中はどれくらい練習されたのですか?



水野 主に歌のトレーニングを。でも、マスクをかぶって動いてみないと具合が分からなかったりして。パフォーマンスをしながらずれてきて視界が悪くなるとか、そういうちょっとしたトラブルみたいなのはきっと他のパフォーマーも体験しているはず。マスクが下がってこないようにするにはどうしたらいいかとか、髪の毛をどう処理したら収まりが良くなるかとか、毎回毎回試行錯誤していました。



 本番までは一度ダンサーと合わせて練習したときに動画を撮っておいて、家でしっかり動画見返しながらイメージトレーニングしていたらすぐに当日。10分くらいのリハーサルをちょこっとやったら、もうあとは本番っていうぶっつけ感がすごくて。



―― 子育ての合間を縫って練習されていたんですね。



水野 おかげでうちの子も、すごく歌が好きになりました。私がずっと歌っていたから横で一緒にオリジナルソングを歌い出すようになりましたね。ミュージカルみたいに「おなかがすいたのよ」「お菓子が食べたいのよ」とか歌っています(笑)。



●「舞台裏はものすごく孤独」 スタッフにすら秘密だったパフォーマーの正体



―― シーズン1とシーズン2では、どんな違いがありましたか?



水野 一番びっくりしたのはコスチュームがいろいろグレードアップして、すごいことになっていた。それからステージも広くなっていましたし、また一段とゴージャスになって。「見てる方ってこんなに楽しいんだ!」と。皆さん圧巻でした。



 前回と会場が同じなので、当時の緊張がすごくリアルによみがえってきた。パフォーマーの心境はよく分かりますし、タコプリさんは高いところに立って移動して、相当怖いだろうなとか。厚底の靴でパフォーマンされている方もいたんですけど、その大変さとか。



 特にスタンバイするときですよね。スタッフさんに手を引かれて袖からスタンバイ場所まで行って、待機する。あの時間の緊張感がもう自分のことのように伝わってきました。しっかり厚みがあるのでマスクを付けた状態で踊ったり激しい動きをするのは相当キツイ。今回も結構激しい動きをされている方がいて、パフォーマンス後のインタビューでマイクから息切れしている音が聞こえたりして。あの大変さは他の人よりも一番分かっていると思います。



―― 前回出演者ならではの視点です。舞台裏はどうなっていたのでしょうか?



水野 舞台裏はものすごく孤独。顔を全部隠した状態で、誰にも会わずに楽屋に入って、準備して、準備ができたらまた顔を隠して、サッサと舞台裏の仕切られたスペースに入って。モニターも見られないですし、誰にも会えず、音だけ聞いて自分の出番を待って呼ばれたらマスクをかぶって出て、ステージ上で初めて皆さんと顔を合わせる。



 こちらも誰が入ってるのか全然分からないし、一緒にステージを作り上げた2人、3人くらいのスタッフさん以外には顔を見せちゃいけない。バレちゃいけないので。なのであいさつもできないし、スタッフさんたちとも会えなかったです。



―― スタッフすらローズが水野さんだと知らなかったんですね。



水野 知らないんです。華やかなステージでのパフォーマンス後は、終わったらそそくさと仕切られた1人のスペースに入れられて、誰にも会わないように帰る。ステージ上と裏の落差がすごくて、寂しい思いをするんですよね。それを思い出しました。



 あとは、マスクがしっかりしているので視界が狭いんですよ。歩いて移動するのも大変ですし、視界が狭い上に照明が変わって暗くなったりするとどっちが正面かも分からなくて。その状態で動いてパフォーマンスするのは緊張しますし、やっぱり息苦しくなるので体力的にも相当大変ですね。



―― マスクの重さはどれくらいあるんですか。



水野 6カ月の赤ちゃんくらいあると思います。下を向くこともできないですし、首を動かせなかったですね。グッてやったらクビが逝きそうになります。



―― 怖い……! 相当ですね。



水野 そうなんですよ。シーズン2では視界が広くなるマスクになっているのかと思ったら、ゴージャスさがバージョンアップして、着る大変さは変わっていなさそうでした。ボイスチェンジャーは人によって変わってましたね。



―― ズバリ、正体を見抜くポイントは?



水野 いや、本当に分からなかったです。シーズン1ではヒントVTRの意外なところに細かいヒントが紛れ込んでいたじゃないですか。それをなんとか見つけられないかなと思ったんですが、難しかったです。



 シーズン2登場パフォーマーでは、ヒーローとコラボしてみたい。ヒーローとローズで何か、商店街の物語を作って演じたい。下町の商店街で戦いたいですね。地上げ屋と戦う、商店街の小売店を守るため店の人達と結託して大企業に挑むみたいな話。歌と踊りとアクション満載の派手なやつをやりたいですね。



 登場時からキャラクターが出来上がっていて、ヒーローだったんですよ。マスクと演者が完全にリンクしていて、そこでショーになっているんですよね。動きもめちゃくちゃキレッキレだし、中に入っている人はあのヒーローのマスクに合う人を選んでいるんじゃないかって思っています。あの動きができて着こなせる人というか。他の皆さんもキャラクターがマスクに同化していて、そこもすごかったですね。見どころです。



●公開情報:『ザ・マスクド・シンガー』シーズン2



Prime Videoで8月4日20時から独占配信。本編9話。初回3話配信で以降は2話ずつ毎週木曜20時から順次配信



MC 大泉洋が語る!舞台裏 特別映像


    ニュース設定