「鎌倉殿の13人」堀田真由「小栗旬さんが『ようこそ比奈』ってご自分のマスクに書いてくださって」 北条義時の妻が故郷・滋賀で撮影秘話を語る

0

2022年08月19日 08:10  エンタメOVO

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

エンタメOVO

写真比奈を演じる堀田真由
比奈を演じる堀田真由

 「大河ドラマ『鎌倉殿の13人』 トークライブin滋賀」が、8月14日、滋賀県長浜市の長浜文化芸術会館で開催され、ドラマで主人公・北条義時の妻・比奈を演じる同市出身の堀田真由が、詰めかけた故郷のファンにドラマの撮影秘話を語った。




 「大河ドラマというのは、女優としての目標の一つでもあった」と語る堀田だが、「最初にお話を頂いたのは、クランクインよりもだいぶ前」ということもあり、出演が決まったときは、「何だか実感が湧かなかった」とピンとこなかった様子。

 それでも、「いつか出られたらいいなと思っていたんですけど、思ったよりも早く、そして三谷幸喜さんの作品に出られるということが本当にうれしかったです」と大河ドラマ初出演の喜びを語った。

 また、本作の撮影現場では、旧知のスタッフとも再会。チーフ演出を務める吉田照幸とは、堀田が出演した連続テレビ小説「エール」(20)でも顔を合わせており、演出の中泉慧は「わろてんか」(17〜18)で助監督を務めていた。この再会を、堀田は次のように喜んだ。

 「自分自身も、またお会いできるようにならなきゃなと思っていましたし、再会できたら『わろてんか』のときより、もっともっと大きくなっていたいなと思っていたので、それも含めて、思ったよりも早くて、うれしい気持ちでいっぱいでした」

 続いて、話題は堀田が演じる比奈(歴史上では「姫の前」と呼ばれる)に移る。「歴史に沿ってはいますが、やっぱり三谷さんのオリジナルな部分もあるので」と前置きした上で、その印象をこう語った。

 「実際に台本を読んだときは、すごく小悪魔的な女性だなと思いました。そしてとっても芯が強くて、比企と北条の懸け橋となる方なので、やっぱり心が、思いが、すごく強くて、圧も若干強い(笑)」

 続けて、「そういった女性としての強さっていうところを出していけたら」と、演じる上で心掛けたことを明かした。

 義時の妻役ということで、現場で一緒になることが多い小栗旬との共演については、「緊張しました」と率直な気持ちを打ち明けた堀田。

 義時と比奈との初対面のシーンでクランクインを迎えた際は、小栗が、おなじみとなったお手製のメッセージ入りマスクで歓迎してくれたという。

 「そのときに小栗さんが『ようこそ比奈』ってご自分のマスクに書いてくださっていて、それがすごくうれしくて」

 ただし、「自分の心臓の音が聞こえるぐらいドキドキしていた」堀田は、言葉が出てこず、マスクについて話す機会がなかったらしい。

 「作品で、すごく緊張することってあまりない」という堀田だが、「『鎌倉殿の13人』はもう放送も始まっていて見ていましたし」との言葉に続けて、そこまで緊張していた理由をこう説明した。

 「『本当にやって来たんだな』という感じと、本当に目の前に小四郎(義時)殿がいて、『ああ、これから比企と北条の懸け橋をしていかなきゃいけないな、全うしたいな』と思うとすごく緊張して」

 これを「いかん」と反省した堀田は、すぐさま「小栗さんに、初日に『私はすごく緊張しています』って、もう言いました(笑)。言った方がもしかしたら自分の心が落ち着くかなと思って」とのこと。

 小栗も「そうだよね」と理解を示してくれたらしいが、それでも堀田は「最初の頃は本当に緊張していて、あまりお話ができなかった」という。大河ドラマ初出演の緊張ぶりがうかがえる言葉だった。

 さらに、話題は比奈と義時の出会いのシーンに及ぶ。実はこの2人の出会いは事情がやや複雑。比企一族出身の比奈は、「(ライバルである)北条との懸け橋に」と言われて義時の元を訪れたものの、亡き前妻・八重に思いを残す義時から「帰りなさい」と言われ、八重の話を聞かされる羽目に。そのときの比奈の思いを、堀田は次のように振り返った。

 「『この人は何なんだろう?』って、今まで出会ったことのないタイプの方に出会ったという感じを受けたと思うんです。前の妻、大切な方の話をしてくださるのって、相当心を開いたりしないとその胸の内って聞けないものだと思うんですけど、初対面でお会いしたシーンで、その話が出てくるっていうところにちょっとひっかかりを感じてはいました」

 その後、源頼朝(大泉洋)主催の巻狩りの場で2人は距離を近づけ、夫婦となる。その撮影では、イノシシに追いかけられた2人が一緒に倒れる際、演出の吉田から「そこで目が合って『ドキッ!』っていうのをください」との指示が。

 これについて堀田は「そこで2人が打ち解ける何かがあったんだろうね、というふうに話していました」と、比奈の転機となった場面の撮影を振り返った。

 続いて再び座長・小栗の魅力について話題が及ぶと、堀田は自身が演技について「このシーンはどうしようかな」と悩んだ際のエピソードを明かした。

 「セットの外にある待機場所(前室)で、一人で座って考えていても、そっと横に来てくださって、ただ私が質問するまで何も聞かないでいてくれるんです。私が『これどう思いますか?』と聞いたら、『ここをこうしたらどうかな』とか言ってくださるんですけど、何か悩んでるときに、そっとそばにいてくださるっていう感じで」

 小栗の細やかな気遣いと、劇中の比奈と義時との関係が、いかに作り上げられていったのか、そのプロセスの一端がここからうかがえる。さらに堀田は、前述した2人がイノシシに追い掛けられる場面の裏話も披露した。

 「イノシシに追い掛けられるシーンのときは、『下がりながら、振り向かない』みたいな動きだったんですけど、そこはお互いにリズムが合わないといけなかったので、『そこはやっぱりこういうふうにしたほうがいいんじゃないか』というのを小栗さんの方から言ってくださって、結構何度も重ねて練習しました」

 故郷に錦を飾った堀田は「こんなにたくさんの方に来ていただけてうれしいです」と感謝の言葉を口にした。

 そして最後に、「比奈の運命としてもこれからどんどん“あと少し”というところに来ているので、どうか最後まで比奈の運命も見届けていただけたらうれしいです」と呼び掛けてトークショーを締めくくった。

(取材・文/井上健一)

もっと大きな画像が見たい・画像が表示されない場合はこちら

    ニュース設定