東京都心 日照時間3日ぶり5時間以上 最小湿度約1か月ぶり50パーセント未満

3

2022年08月19日 12:32  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

写真東京都心 日照時間3日ぶり5時間以上 最小湿度約1か月ぶり50パーセント未満
東京都心 日照時間3日ぶり5時間以上 最小湿度約1か月ぶり50パーセント未満

19日金曜の東京都心は、秋晴れのように、日差しがたっぷりで、空気がカラカラに乾いています。日照時間は3日ぶりに5時間以上で、最小湿度は約1か月ぶりに50%未満となりました。この乾いた晴天は、19日金曜限りです。日差しを有効に、お使いください。



●日差したっぷり 空気カラカラ


19日金曜の東京都心は、朝から強い日差しが照り付けています。午前6時の天気は「晴れ」、午前9時の天気は「快晴」でした。日差しがたっぷりで、日照時間は3日ぶりに5時間を超えました。また、空気がカラカラに乾いており、正午までの最小湿度は41%でした。東京都心で最小湿度が50%を下回ったのは、7月20日(39%)以来、約1か月ぶりです。8月後半ですが、秋晴れのような、カラッとした晴天となっています。


●乾いた晴天 続かず


ただ、このカラッとした晴天は、長くは続かないでしょう。東京都心では、晴れるのは19日金曜午後までで、あす20日土曜以降、曇りや雨の日が続きそうです。23日火曜は、晴れ間が出ますが、一時的でしょう。次にたっぷり晴れるのは、26日金曜頃になりそうです。19日金曜の日差しを、有効にお使いください。窓を大きく開けて、お部屋の中の空気を入れ替えるのも、おすすめです。ただ、紫外線が強いので、対策を忘れないでください。


●紫外線の浴びすぎを防ぐには


紫外線は、体の中でビタミンDを作るのを助ける役目もありますが、紫外線を浴びすぎるのは、要注意です。紫外線による皮膚への影響を防ぐには、日焼けしてからの手入れでは、対策が遅すぎます。紫外線の浴びすぎを防ぐには、次のような対策がおすすめです。 …溝気琉疥爐筺UVカット効果のある衣類を選びましょう。ただ、暑い時期には、無理をして、熱中症にならないよう、通気性の良い素材などを選ぶことを、心がけてください。◆〕良などで覆うことができない所は、日焼け止めを塗るのも効果的ですが、汗をかくと、日焼け止めが流れてしまいます。日焼け止めは、こまめに塗りなおしましょう。 紫外線は、眼からも浴びてしまいます。サングラスをかける場合は、眼にフィットした紫外線防止効果のあるサングラスを選ぶと、最大で紫外線を90%もカットすることができます。


このニュースに関するつぶやき

  • 埼玉県蒸してたけどね���ä���١�
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定