「とにかく貴乃花親方がヤバい」 元横綱・貴乃花がドキュメンタルで無双 “幼少期の貴乃花”セルフモノマネまで披露する狂気が話題に

24

2022年08月20日 12:27  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真その男、狂気につき (C)YD Creation
その男、狂気につき (C)YD Creation

 Amazon Prime Videoで8月17日から独占配信となった「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」シーズン11 UNLIMITEDに、「平成の大横綱」貴乃花光司さんが出演。かつて“笑い”を禁じられていた男の予期せぬ無双ぶりに「外れ回かと思ったらまさかの神回の可能性ある。貴乃花がバグ」「とにかく貴乃花親方がヤバい。どういう感情なんや…もう怖さすら感じるほど狂気」など注目が集まっています。



【画像】貴乃花の狂気に満ちた本編映像



 「ドキュメンタル」は、松本人志さん企画/プロデュースで2016年11月からAmazon Prime Videoで配信されている“笑わせ合いバラエティー”。密室に集った芸人たちがお互いを笑わせ合う内容で、バリエーションとして女性タレント版の「女子メンタル」やイケメン芸能人版「イケメンタル」も制作されました。



 2021年12月配信のシーズン10に続くシーズン11では、綾小路翔さん(氣志團)、香取慎吾さん、上地雄輔さん、貴乃花光司さん、高橋克典さん、六平直政さん、森内寛樹さん(MY FIRST STORY)ら7人が出演。お笑い芸人が出場しない「イケメンタル」系統のシーズンといえ、シリーズ初となる“お笑い芸人以外での異種格闘技戦”と銘打たれています。



 出演者の中でも、香取さんや貴乃花さんのダークホース的活躍に配信前から注目が集まる中、真面目すぎて融通が利かない印象の貴乃花さんが果たしてどこまで“笑わせ合い”をやれるのか。ひとたび受けに回れば破顔一笑もすぐではないか、という記者の杞憂(きゆう)はまさに取り越し苦労。本編4話の一挙配信により既に結末も明らかとなっていますが、貴乃花さんのイメージを大きく覆すような活躍をみせています。



 エンジンが掛かってきたのは、森内さんが持参した、父・森進一さんの若かりし頃のブロマイド写真のくだり。そこには写真とは関係のない名作映画のせりふがプリントされ、なぜか貴乃花さんがそれを読み上げることに。



 中でも、高見広春さんの同名小説を原作とした2000年公開の映画「バトル・ロワイアル」で北野武さんが演じた教師が口にする「今から皆さんに殺し合いをしてもらいます」を狂気すら感じさせる面持ちで読み上げると、会場全体に絶妙な緊迫感が漂い、他の参加者たちも笑いを我慢する事態に。その後も「バナナマン」日村勇紀さんのモノマネでしか見たことがない“幼少期の貴乃花親方”をセルフカバーしてみせるなど、予測不能な展開で他の参加者たちを苦しめます。



 ネットでは「ドキュメンタルに天才現る」「貴乃花がマジでツボ過ぎて一生笑ってた」「好み分かれるだろうけど、ここ最近ので一番好きなシーズンだった」など、毛色の異なるシーズンに現れた逸材を評価する声が多数寄せられています。


このニュースに関するつぶやき

  • この人も波乱万丈な人生歩んでるね。傷害騒動では相撲協会理事会と揉めて四面楚歌になるわ、もっと上手く立ち回れたらね…
    • イイネ!5
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(16件)

ニュース設定