「初恋の悪魔」最終話、林遣都“鈴之介”と松岡茉優“星砂”のラストシーンは夢だったのか? 視聴者から様々な反応集まる

1

2022年09月25日 07:02  cinemacafe.net

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

「初恋の悪魔」最終話(C)NTV
林遣都、仲野太賀、松岡茉優、柄本佑が共演した「初恋の悪魔」最終話が9月24日放送。鈴之介と“ヘビ女”星砂の最後の別れのシーンに「夢だったってことだよね??」「あれは夢じゃないよ」「どっちでも素敵だなあ」など様々な反応が寄せられている。

林遣都演じる鹿浜鈴之介。仲野太賀演じる馬淵悠日。松岡茉優演じる摘木星砂。柄本佑演じる小鳥琉夏を中心に、森園真澄役の安田顕。雪松鳴人役の伊藤英明。雪松の息子・弓弦役の菅生新樹。淡野リサ役の満島ひかりらも共演した本作。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

雪松のもとに鈴之介と悠日は小鳥からの着信履歴に気付き折り返すが、一向につながらない。嫌な予感がした2人はすぐさま鈴之介宅に引き返す。到着した2人は玄関先に散らばる血痕を見つけ固まるが、そのときドアが開いて、おにぎりを頬張った弓弦が現れる。その頃弓弦から「またやっちゃったんで、お願い」とメッセージを受け取った雪松も鈴之介宅に向かっていた。

鈴之介に嘘を見抜かれた弓弦は部屋に立てこもり、そこに現れた雪松は弓弦が少年たちを殺したことを認め、自分が罪を被ると言うが、鈴之介は拒否し、弓弦を逮捕する…というのが最終回のストーリー。

星砂、森園、小鳥ともに無事回復するが、意識が戻った星砂は“スカジャン”星砂だった。それから1か月、連続殺人事件の真相が判明したことでリサも釈放される。迎えに現れた星砂が“別人”だと気づくリサだが、喫茶店でナポリタンを食べるうちに2人は打ち解けていく…。

“スカジャン”星砂に「目を、つむってもらってもいいかな? 聴いてないふりして、2人きりにしてもらってもいいかな」と頼むリサ。そして「ただいま、星砂…ありがとうね、待っててくれて。私もさ、あんたに会いたかったよ」と頬を触り、涙を浮かべながら「これからはさ、ずっと一緒だよ…また夜お散歩して帰ろうな。遠回りして帰ろうな」と“ヘビ女”星砂への想いを伝える…。

そんなリサに「リサと星砂がごはん食べるシーン、それだけで泣けた」「喫茶店のリサの表情とか、一生忘れない」「目を瞑って、傍らで聞いててと違う星砂に話しかけるなんて素敵」「満島ひかりの呼びかけが夢のように美しいシーン」などの声が送られる。

その後、鈴之介宅に居候していた悠日と星砂が引っ越していく。再び1人になった鈴之介は自宅のミニチュアを作り、その中に鈴之介と悠日、星砂、小鳥らのフィギュアを配する…。そのまま眠りに落ちた鈴之介だが深夜に目覚め、何かの気配に気づき外に出ると、そこには“ヘビ女”星砂が。

“ヘビ女”星砂は今日で会えるのが最後かもしれないから、別れを言いに来たと切り出し「鈴之介さん、あなたに会えてよかったです。あなたの事好きになりました」と“告白”。両手を顔を覆って号泣する鈴之介に「あなたはとても素敵な人です。これからもあなたのことを思ってます」と続ける…。

翌朝、深夜に目覚めた時と同じようにテーブルの上で眠っていた鈴之介のもとに、悠日、星砂、小鳥が押しかけてきて“捜査会議”を始めると言い出す。混乱していた鈴之介だが、野球場の模型と事件の概要を聞くと、以前のように「マーヤのヴェールを剥ぎ取る」と、再び4人で推理を始める…というラストだった。

「鈴之介、あんな手で顔覆って、指の間から涙が溢れるくらい泣くなんて、切なすぎ」「そんな泣き方せんといてーー!!!!!」「鈴ちゃんより私が泣いてる、当事者でもないのに」など、号泣する鈴之介に共感した多くの視聴者からの投稿がSNSに殺到。

また“ヘビ女”星砂が鈴之介のもとを訪ねた際と、翌朝目覚めた鈴之介が同じ姿勢、服装であることから、2人の別れのシーンに「やっぱり会えたのは夢だったってことだよね??」「最後のはもしかしたら鹿浜さんの切ない夢だったのかもしれないなぁ…」「最後は夢オチだったのか 本当だったのか…」「誰がなんと言おうとあれは夢じゃないよ」「どっちでも素敵だなあと思わせてくれてとても綺麗だった」など様々な反応も寄せられている。



(笠緒)
    ニュース設定