武藤敬司、引退ロードで対戦の棚橋弘至から花束渡されるも「メイウェザーのときみたいに…」とアドリブ要求

7

2022年09月26日 19:06  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

“花束”にアドリブを要求した武藤敬司 (C)ORICON NewS inc.
来年2月21日に東京ドームで引退試合を行うことを発表したプロレスラーの武藤敬司(59)が26日、東京ドームホテルで行われた会見に登場。10月30日に有明アリーナで行われる武藤敬司ファイナルカウントダウンシリーズ第3戦『有明凱旋ーTHE RETURNー PRO-WRESTLING LOVE FOREVER.3〜TRIUMPH〜』で新日本プロレスの棚橋弘至(45)と対戦することが発表された。

【動画】武藤敬司「花束は落とせ!」引退試合前に愛弟子・棚橋弘至に指導!

 棚橋は、「武藤さんが好きすぎるので」とバラの花束を持って登場。すると武藤は、きのう25日に行われた『超RIZIN』のフロイド・メイウェザーVS朝倉未来戦で、「ごぼうの党」奥野卓志代表がメイウェザーへの花束を地面に投げ捨てた場面に言及し「武藤イズムだったら、花束を持ってくるなら今話題のメイウェザーのときみたいに落とせよ!」とアドリブを要求した。

 それに対し棚橋は「やったほうがよかったですかね(笑)」と苦笑し「まだアドリブできず…」と反省。38本のバラを持ってきたそうだが、棚橋は「愛」だと語り、「38年間お疲れさまでしたという意味を込めました」と武藤への思いを語った。

 武藤は、6月に自身のツイッターで「かつてプロレスとはゴールのないマラソンと言った自分ですが、ゴールすることに決めました」と伝え「来年の春までには引退します。残り数試合ご声援のほど宜しくお願い致します!」と引退を発表していた。

 1984年10月に新日本プロレスでデビュー。その後、米国でもトップレスラーとして名をはせ、2002年からはジャイアント馬場さん(享年61)が設立した全日本プロレスに移籍し、社長に就任。13年からは全日本プロレスを離れ、新団体WRESTLE-1を旗揚げするなど、プロレス界の象徴として常に時代をけん引してきた。


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • このやり取りの動画をさっき別のトコで見て軽くニヤニヤしてきましたwリングの上のカッコ良さは言わずもがな、リング以外のこーゆートコも好き♡(キャッキャ♪w)
    • イイネ!1
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(4件)

ニュース設定