のん、炊きたての「いわて純情米」を頬張り「幸せ」 白米に合うおかずは「ニラとツナの炒めもの」

0

2022年09月28日 18:10  エンタメOVO

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

エンタメOVO

炊きたての白米を試食したのん (C)エンタメOVO

 JA全農いわての2022「いわて純情米」新CM発表イベントが28日、東京都内で行われ、俳優で“創作あーちすと”の、のんが出席した。

【写真】お米のポーズを取るのん (C)エンタメOVO

 昨年に続き、のんは子役の新津ちせとCMで共演し、岩手県産のブランド米「銀河のしずく」と「ひとめぼれ」をPRする。

 新CMでは、新津と共にリズミカルなダンスを披露したのん。完成したCMの感想を問われると、「めちゃくちゃすてき。ちせちゃんとは2回目の“おコメディアンズ”なのですが、仕上がりもすごくポップでかわいくてうれしいです」と笑顔を見せた。

 会場では、「銀河のしずく」と「ひとめぼれ」の新米食べ比べにも挑戦。炊きたてを茶わんによそったのんは「銀河のしずく」を頬張ると、「めちゃくちゃおいしいです。粒立っていて、食感と味が絶妙です。幸せ…」と、うっとりとした表情を浮かべた。

 「ひとめぼれ」についても「もっちもちで香りがよくてすごくおいしいです」とその味を称賛し、「それぞれ食感が違うので、お料理によって替えても楽しいかも。何度も何度も食べたくなるお米です」とアピールした。

 また、「普段どれぐらい白米を食べる?」という質問には、「本当に大好きなので、毎日欠かさず食べます。私、本当に白米だけでもパクパク食べちゃうんです」と回答。

 「米に合うおかず」を問われると、「肉にも合うし、焼き魚にもいい。あと私、ニラとツナを炒めたものがすごく好きで、これはすごく合います。自炊するときに作るのですが」と紹介した。

 NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」(13)でヒロインを演じたのんは、ロケ地となった岩手県久慈市とは現在も交流が続いているという。

 のんは「岩手は私にとって、すごく恩を感じる場所で、私の第二の故郷のよう。岩手に行くと『のんちゃん、お帰り!』と出迎えてもらえるので、それが本当にうれしい。手放しで受け入れてくれているような温かさがある。心が安らぐ、ホッとする、そんな場所です」と話した。

 新CMは、10月1日からオンエア。

もっと大きな画像が見たい・画像が表示されない場合はこちら

    ニュース設定