J-WAVE『GROOVE LINE』約24年半の歴史に幕 ピストン西沢は最後の最後で“不在”「感謝します」とメッセージ残す

56

2022年09月29日 19:01  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

ピストン西沢 (C)ORICON NewS inc.
1998年にスタートしたJ-WAVEのラジオ番組『GROOVE LINE』が、29日の放送をもって約24年半の歴史に幕を下ろした。

【写真】主人不在!?の集合写真を公開した『GROOVE LINE』

 同番組は1998年4月より放送を開始。途中で番組名を『GROOVE LINE Z』と変更した期間もあったが、再び現在のタイトルになった。ナビゲーターはピストン西沢が務めている。

 今月1日の放送時に9月で番組が終了すると伝え、公式サイトでも「これまで、たくさんのリスナー様、出演者、関係者の皆様に支えられ楽しい時間を共に過ごせましたこと大変感謝しております。残りわずかとなりますが、これまでと変わらずGROOVE LINEらしい楽しい時間をお届けできるよう努めてまいりますので最後までお楽しみください!!」とつづっていた。

 この日の番組は、午後5時台に松崎しげる、同6時台にDREAMS COME TRUEの中村正人が出演。その後、名物コーナーの「DJ MIX」を披露した。そして最後のトークを迎えるも、ピストンがまさかの“不在”という事態に。LiLiCoらが「帰ってきて!」と呼びかけるも、最後まで姿を現すことはなく、代わりにピストンの感謝のメッセージが流された。

 ピストンは「みなさん、長いこと『GROOVE LINE』を聞いていただき、ありがとうございました。みなさんがこの録音されたものを聞いているときには、僕はもうJ-WAVEにはいません。僕はずーっとやりたいことをやってきて、そしてそのやりたいことができる場所をずーっと探してきて、これからもずーっと同じことをやっていきたいと思います」と思いを吐露した。

 最後の最後で不在となった件にも触れ「みんなに『ありがとうございました』って言われるのが嫌で、自由を最後まで貫き通そうと思ってやることなんで、どうか許してください」と説明。長年携わった番組が終了することに対しては「流石にグッと来ますね。ありがとう本当に。みなさん、感謝します」としみじみ。「ピストン西沢はこれにて『GROOVE LINE』という番組でみなさんと触れ合うことはなくなります。これからはSNSを頑張っていくので、そちらの方を応援してください。それじゃあ、さよなら!失礼します!」と結んだ。

 放送終了時刻が近づくにつれ、ツイッターの国内トレンドでも番組のハッシュタグ「#gl813」がトップ10入り。SNSでは「終わらないで!」「青春が終わってしまう」と惜しむ声が上がった一方、「楽しい時間をありがとう」「お疲れさまでした!」「ピストンさん、ありがとう!」とねぎらいの声が寄せられた。

このニュースに関するつぶやき

  • かっこいいのにおふざけなDJリミックスが最高でした。長年大変お疲れ様でした。そして夕方の生きる希望がなくなりました。
    • イイネ!2
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(31件)

ニュース設定