羽生結弦、スピーチど忘れ&耳打ちされて照れ プロフィギュアスケーターとして誓う「最高の演技を」

0

2022年09月29日 19:10  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

スピーチをど忘れした羽生結弦 (C)ORICON NewS inc.
プロフィギュアスケーターの羽生結弦が29日、東京オペラシティで行われた日中国交正常化50周年を記念した祭典『日中国交正常化50周年記念式典』に特別ゲストとして登場した。

【写真】会場から歓声!華麗に“アクセル”を披露した羽生結弦

 羽生は、2連続冬季五輪金メダリストとして日本では国民的英雄であり、北京冬季五輪で熱狂的な声援を受けるなど中国でも高い人気を誇る。今後の日中交流における主役である若い世代共通の未来と希望のシンボルとして活躍を期待されての起用となった。

 中国出身の二胡演奏家の父と舞踊家の母の間に生まれ、日本8年、中国8年、アメリカ8年をそれぞれ過ごしたマルチアーティストで、名古屋観光文化交流特命大使のチャンヒナ(張濱)と羽生は一緒に登場。

 羽生は、今年2月の北京五輪を「中国の方々の親しみやすさ、温かさに触れました」と振り返る。また、7月にはプロフィギュアスケーターになることを発表したことに触れたところで「えっと…」とあいさつをど忘れ。通訳だったチャンヒナに耳打ちで教えてもらうと会場には笑いが。照れながらも羽生は改めて「これからも4回転半ジャンプにも挑戦していきますし、日本と中国の方々に最高の演技を届けられるように頑張っていきます」と誓っていた。

 終盤には、「ちょっとだけ覚えたので」と中国語でもあいさつすると「これからの50年もともに力を合わせて頑張っていきましょう。あしたのために、未来のために、私たちのために、次の世代のために一緒に頑張っていきましょう」と締めくくっていた。

 今年は、1972年9月29日に田中角栄と周恩来両国首相が日中共同声明に署名し、日中の国交が正常化してから50周年の記念すべき年。日中国交正常化50周年を祝う同式典を中核事業とし、関連するサブイベントを含めた総称として『日中国交正常化50周年記念慶典』が催された。


動画を別画面で再生する



    ニュース設定