活動を再開させたGACKT、映画『翔んで埼玉』続編の撮影再開を発表

13

2022年10月01日 23:15  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

映画『翔んで埼玉Part II(仮題)』(2023年公開)撮影再開を発表したGACKT (C)ORICON NewS inc.
フジテレビ系土曜プレミアムで放送された映画『翔んで埼玉』の中で、麻実麗役で出演するGACKTから続編『翔んで埼玉Part II(仮題)』の撮影再開が発表された。2023年劇場公開予定。

【画像】地上波放送された前作の場面写真

 放送内でGACKTは「体調不良で活動を休止していましたが、おかげさまで元気な姿で帰ってくる事が出来ました。見ての通りの“復活”です。今日はこれから、ボク・GACKTの出演作『翔んで埼玉』を観ていただくわけですが、その前にお知らせがあります。続編の撮影がついに再開致します。是非次回作も楽しみに待っていて下さい」と、視聴者に呼びかけていた。

 昨年夏、『翔んで埼玉Part II(仮題)』の制作が発表され、撮影が進められていたものの、昨年9月にGACKTが体調不良を理由に無期限の活動休止を発表。同映画の撮影も延期となっていた。約1年の休止期間を経て、GACKTが活動を再開させたことを受け、映画の撮影も再始動。GACKTと二階堂ふみの続投は変わらず、前作を超える壮大なスケールの茶番劇の完成を目指す。

 同映画は、「パタリロ」 等で一世を風靡した漫画家・魔夜峰央(まや・みねお)が1982年に発表した、埼玉を徹底的にディスるという衝撃的な内容の作品を、「テルマエ・ロマエ」シリーズや「のだめカンタービレ」シリーズで知られる武内英樹監督のもとで実写映画化。2019年に公開され、興行収入37.6億円のヒットとなり、「第43回日本アカデミー賞」では最優秀監督賞を含む12部門を受賞。埼玉県民の心に郷土愛が深く刻みこまれるような社会現象となった。

このニュースに関するつぶやき

  • 仮想通貨詐欺とか問題だらけの役者だけど、この人がいないと続編が出来ないのも事実。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(6件)

ニュース設定