『オールナイトニッポン』55年の記念日に生特番 貴重な証言とともに疑問を解明

1

2022年10月02日 22:00  ORICON NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

特別番組『1967年10月2日オールナイトニッポンが生まれた日』を生放送(C)ニッポン放送
ニッポン放送“深夜ラジオの代名詞”『オールナイトニッポン(ANN)』が55周年を迎えたことを記念して、2日の深夜1時から特別番組『1967年10月2日オールナイトニッポンが生まれた日』を生放送する。初代パーソナリティーの1人である、アンコーこと斉藤安弘氏が担当し、垣花正とともに1967年10月2日はどんな日だったのかをひもといていく。

【写真】Creepy Nuts、菅田将暉の後任で4月から月曜『ANN』担当 番組内で発表

 1967年10月2日の深夜1時。「君が踊り僕が歌うとき、新しい時代の夜が生まれる。太陽のかわりに音楽を、青空のかわりに夢を。フレッシュな夜をリードするオールナイトニッポン!」という糸居五郎の第一声で『ANN』は幕を開けた。

 今回の生放送では「なぜビタースウィート・サンバがテーマ曲になったのか?」「なぜオールナイトニッポンという名前になったのか」といった疑問を解明していく。特別番組にあたり、1967年当時の編成部長で『ANN』を作ったと言われる羽佐間重彰氏の貴重なインタビュー音源が発掘された。

 同局地下4階の倉庫に眠っていた、2000年当時に収録された30分にわたる貴重なインタビューでは、『ANN』の名前の由来や、なぜこのようなフォーマットになったのか、放送開始時の想いなど、今まで明かされなかったエピソードが収録されている。

 特別番組では、その貴重なインタビューをオンエアするほか、『ANN』のテーマ曲である「ビタースウィート・サンバ」の選定にも関わった、フジパシフィックミュージックの朝妻一郎会長に曲が決まるまでの経緯や裏側を迫る。
    ニュース設定