吉永小百合×大泉洋、親子役で初共演 山田洋次監督最新作『こんにちは、母さん』発表

1

2022年10月03日 05:00  ORICON NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

吉永小百合×大泉洋、初共演映画『こんにちは、母さん』2023年9月1日に劇場公開予定
映画監督・山田洋次が91歳にして90本目となる監督作品『こんにちは、母さん』の製作が発表された。主演は、約50年間にわたって数々の山田洋次監督作品に出演してきた吉永小百合。さらに、大泉洋の出演が決定。大泉は、山田監督による映画への出演、吉永小百合との共演はともに初となる。来年(2023年)9月1日に劇場公開される予定だ。

【画像】時代とともに家族の姿を描き続けてきた山田洋次監督

 時代とともに家族の姿を描き続けてきた山田監督の新作は、現代を生きる家族・親子の形や想い、いつまでも変わらない母の愛を豊かに描く。原作は、日本を代表する劇作家であり、演出家としても数々の名優と舞台を創ってきた永井愛の同名戯曲「こんにちは、母さん」。01年と04年に新国立劇場で上演され、07年には NHK土曜ドラマにて映像化されるなど、多くの演劇ファンから人気を博した本作を現代の下町を舞台に映画化する。

 母・神崎福江を演じる吉永は、1972年に公開された『男はつらいよ 柴又慕情』をはじめ、『母べえ』(2008年)、『おとうと』(10年)、『母と暮せば』(15年)など、約50年間にわたって数々の山田洋次監督作品に出演してきた。映画出演は123本目となる。『母べえ』『母と暮せば』 に続く、『母』3部作となり、吉永の集大成となりそうだ。

 吉永は「山田学校に再入学し、原点に戻って監督の思いをしっかり受け止められる様、努めます。大泉さんとは初めてなので、ちょっと心配でしたが、明かるくて、優しくて、リハーサルの時から励まされています。すてきな親子になりたい…なります」と意気込む。

 息子・昭夫を演じる大泉も「まさか私がこのような光栄なあいさつをする日が来ようとは、夢にも思っておりませんでした。役の重責に押し潰されそうではありましたが、リハーサルで、山田監督の力強くも細やかな演出を受け、海より深い愛情を湛えた吉永さんの母親としてのお芝居を目にし、今は感謝と、喜びと、期待でいっぱいであります」とコメント(下段に全文)を寄せた。

 山田監督は、「隅田川沿いの下町、古びた家並みの向こうにスカイツリーが高々とそびえる『向島』にカメラを据えて、この江戸以来の古い町に暮らす人びとやここを故郷として行き来する老若男女たちの人生を、生きる喜びや悲しみを、スクリーン にナイフで刻みつけるように克明に写し取り、描き出したい 」としている。

■大泉洋のコメント(全文)

 山田洋次監督の映画に、吉永小百合さんの息子役として出演することとなりました、大泉洋でございます。

 まさか私がこのような光栄なあいさつをする日が来ようとは、夢にも思っておりませんでした。役の重責に押し潰されそうではありましたが、リハーサルで、山田監督の力強くも細やかな演出を受け、海より深い愛情を湛えた吉永さんの母親としてのお芝居を目にし、今は感謝と、喜びと、期待でいっぱいであります。

 正直申し上げて、あの吉永小百合さんから、大泉洋は生まれない。私もそう思います(笑)。しかし、決してそうは思わせない山田監督の演出、吉永さんの演技、映画とは偉大だと改めて感動しております。今や私は吉永さんの息子としか思えません。どうか皆さま、山田監督の描く、今も昔も変わらない、日本の下町で懸命に生きる、可笑しくもせつない、家族の物語を楽しみにしていてください。

■ストーリー
 大会社の人事部長として日々、神経をすり減らし、家では妻との離婚問題、大学生になった娘との関係に頭を悩ませる神崎昭夫(大泉洋)は、久しぶりに母・福江(吉永小百合)が暮らす東京下町の実家を訪れる。

 「こんにちは、母さん」。しかし、迎えてくれた母の様子が、どうもおかしい。割烹着を着ていたはずの母親が、艶やかなファッションに身を包み、イキイキと生活している。おまけに恋愛までしているようだ! 久々の実家にも自分の居場所がなく、戸惑う昭夫だったが、お節介がすぎるほどに温かい下町の住民や、これまでとは違う“母”と新たに出会い、次第に見失っていたことに気付かされてゆく。
    ニュース設定