3時のヒロイン・かなで、ドラマ初ヒロインに「夢みたい」 草川拓弥が胸キュン“バックハグ”

0

2022年10月03日 13:24  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

ドラマ『デブとラブと過ちと!』にW主演する(左から)3時のヒロイン・かなで、超特急・草川拓弥(C)ままかり/ソルマーレ編集部 (C)TOKYO MX
お笑いトリオ・3時のヒロインのかなでが、TOKYO MX「ドラマニア!」枠『デブとラブと過ちと!』(11月7日スタート、毎週月曜 後10:00)でドラマ初主演を務めることが発表された。W主演を務める草川拓弥(超特急)が、かなでをバックハグする胸キュンなショットも披露された。

【画像】原作・ままかり氏が描きおろし! かなで&草川拓弥のイラスト

 「コミックシーモア」で累計6000万ダウンロード突破の同名コミック(原作・ままかり)を実写化。超ポジティブな記憶喪失のヒロインと若手副社長がドタバタラブコメディーを原作とは一味違った展開で描く。

 ヒロイン・夢子役のかなでは、学生時代に演劇を専攻し、これまでも俳優として映画『地獄の花園』『KAPPEI カッペイ』などで個性あふれるキャラクターを披露してきた。今回は、コンプレックスの塊だったのが、ビルの屋上から落下して一命をとりとめたことから、ポジティブキャラとなり突き進む夢子を、キュート&パワフルに演じる。

 夢子が恋する若手副社長・結城役の草川は、『みなと商事コインランドリー』に続き、2クール連続の主演となる。夢子との出会いをきっかけに、自身の“過ち”と向き合い、変わっていくキャラクターを演じる。

■かなで コメント
「夢みたいです。ドラマの主役なんて…夢子を演じるなんて…全てが夢みたいです。夢子の顔が自分に似ていると思ってこの漫画を読み始めたので、お話をいただいた時は本当に驚きました。たくさんの方々に見ていただけたらうれしいです。家族と相方と友だちは強制です」

■草川拓弥 コメント
「結城圭介役で出演させていただきます。草川拓弥です。原作を読ませていただき、この先の展開と夢子のあたたかい前向きなセリフの数々に、気づけば僕自身が勇気づけられていました。ドラマでは原作とはまた違ったストーリーになりますが、原作にも負けないすてきなドラマを描けるよう精一杯演じさせていただきます。また新しい役どころにわくわくしています」

■原作・ままかり コメント
「このたびは大変貴重な機会をいただきましてありがとうございます。以前から、実写化するならば3時のヒロインかなでさんの明るくかわいらしい太陽のような雰囲気が夢子役にピッタリだと思っておりましたので、かなでさんが引き受けてくださったことや本作を知っていてくださったこと、とてもうれしく勝手に運命すら感じています。草川拓弥さん(超特急)のミステリアスな圭介とダブル主演で、きっと楽しく超!面白いドラマになること間違いなし!と、一視聴者として楽しみで仕方ありません。改めまして、今回の実写化に携わってくださった全ての方に感謝いたします。ありがとうございます!」
    ニュース設定