稲垣吾郎&草なぎ剛&香取慎吾「素晴らしい過去になろう」 ブランドの垣根超えサントリーCM初共演

25

2022年10月06日 04:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『ボトルは資源!』篇に出演する(上段左から)稲垣吾郎、香取慎吾(下段)草なぎ剛
俳優・歌手の稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が、サントリーグループのコミュニケーション『#素晴らしい過去になろう』プロジェクトに起用され、11日から放送されるテレビCMにそろって出演することがわかった。

【動画】草剛、清掃員の姿がハマりすぎ!?稲垣吾郎が気づかず

 サントリーグループは、2030年までに全世界でペットボトルの100%サステナブル化を目指し、21年から『#素晴らしい過去になろう』プロジェクトをスタート。今回新たに、『ノンアルでワインの休日』の稲垣、『GREEN DA・KA・RA』の草なぎ、『サントリー天然水』『金麦〈ザ・ラガー〉』の香取が、ブランドの垣根を超えて集結し、同グループのCMで初共演を果たす。

 放送されるのは、「ボトルは資源!(香取さん)」篇(30秒)、「ボトルは資源!(稲垣さん)」篇(30秒)で、さらに「ボトルは資源!」篇(60秒)も用意される。一人でも多くに行動を起こすきっかけにしてほしいと、あえて飲み終わったあとの場面から始まるストーリーで、これまであまり例のない企業広告シリーズとなる。

 香取は自宅のベランダで、稲垣は空港の入り口で、それぞれ商品を飲んだあと、「正しく捨てれば、何度でも何度でもよみがえる」と心の中で唱えながらペットボトルの分別作業を行い、「君たちは、ゴミじゃない。資源だもんね」と回収ボックスに入れる。一方、草なぎはペットボトルの回収作業を行う清掃員役で登場し、「助かるわ〜」というセリフで、正しく分別された喜びを表現する。それぞれの立場から「素晴らしい過去になろう」と呼びかける。

 3人は、制作チームからレクチャーを受け、使用済ペットボトルを再生する「ボトル to ボトル」水平リサイクルの知識を深め、資源置き場や回収ボックスへの投入後にも想像をめぐらし、撮影に臨んだ。稲垣と香取は、飲んだあとを描くというストーリーに驚きつつも、持ち前の自然体の演技で一発OKを連発。対して、清掃員を演じる草なぎは「すごく重要な役どころを任されました」「2人とは心構えが違います」と自負し、ベストショットを追求した。

 久々に3人そろって同じ空間での芝居も楽しみ、気心の知れた間柄だからこそのチームワークで現場を大いに盛り上げた。

※「草なぎ」の「なぎ」は、弓へんに旧字体の前に刀


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • CMに出れるのって大きいよな〜
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(16件)

ニュース設定