『ぐりとぐら』山脇百合子さん死去で追悼続々「一生手放したくない絵本」「親子2代で楽しみました」

2

2022年10月06日 18:26  ORICON NEWS

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

山脇百合子さん作『ぐりとぐら』書影
絵本シリーズ『ぐりとぐら』などで知られる絵本作家の山脇百合子(やまわき・ゆりこ)さんが9月29日に死去した。80歳。同作を発行している福音館書店が6日に公式ツイッターで発表し、追悼した。

【写真】おいしそう!山脇百合子さん作『ぐりとぐら』リアルなパンケーキ

 ツイッターでは「『ぐりとぐら』シリーズをはじめ、『いやいやえん』『そらいろのたね』などの絵で知られる画家で絵本作家の山脇百合子さんがお亡くなりになりました」と報告し、「いつも優しく、楽しい、すてきな作品を子どもたちに届けてくださいました。謹んでご冥福をお祈りします」とつづった。

 多くの読者を感動させてきたこともあり、突然の訃報にネット上では「山脇先生の「ぐりとぐら」「そらいろのたね」が大好きで何度も読みました 大人になって三省堂書店の展示に赴きぐりぐら号(たまごの車)にも乗りました すてきな物語をありがとうございました」「自分も子どもたちも本当にお世話になりました。今も大切に持っています。一生手放したくない絵本です」「親子2代で山脇百合子さんのお話を楽しみました、ありがとうございました。ご冥福をお祈りいたします」などの声をあげている。
    ニュース設定