ビートたけし“映画仲間”崔洋一監督の死を惜しむ「喧嘩もしたし、酒飲んだり色々な事があった」

4

2022年11月28日 11:35  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

ビートたけし (C)ORICON NewS inc.
 映画監督の崔洋一さんが27日午前1時、ぼうこうがんのため死去した。73歳。『月はどっちに出ている』(1993年)や『血と骨』(2004年)などの名作を生み出し、日本映画監督協会理事長を務めた。訃報を受け、映画仲間らから悲しみの声が上がった。

崔洋一監督のプロフィール

 映画監督仲間だった北野武(ビートたけし)は、自身の公式サイトにコメントを投稿した。崔監督の長編デビュー作となった『十階のモスキート』に出演し、『血と骨』では主演を務めた。また、大島渚監督『御法度』では、ともに俳優として共演した。

 『月はどっちに出ている』で主演を務めた岸谷五朗は、所属事務所を通じてコメントを発表した。

■北野武 コメント
次から次へと同じ世代の映画仲間が死んでしまい、がっくりしている。崔さんと映画制作の中で喧嘩もしたし、酒飲んだり色々な事があった。みんな良い思い出です。

このニュースに関するつぶやき

  • 崔さんと映画制作の中で喧嘩もしたし、酒飲んだり色々な事があった。→そのうち週刊誌が暴露記事を…。
    • イイネ!0
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングエンタメ

前日のランキングへ

ニュース設定