山本舞香&ともさかりえ、菜々緒と“美人忍者三姉妹”に 『忍者に結婚は難しい』レギュラーキャスト発表

1

2022年11月29日 06:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

2023年1月期木曜22時ドラマ『忍者に結婚は難しい』出演者が決定
 俳優の菜々緒が主演を務め、鈴木伸之が共演するフジテレビ木曜劇場『忍者に結婚は難しい』(1月5日スタート、毎週木曜 後10:00)の共演陣が、一挙発表された。勝地涼、山本舞香、吉谷彩子、藤原大祐、筧美和子、ともさかりえ、古田新太、市村正親の8人のレギュラー出演が明らかになった。

【写真】“蛍”菜々緒の妹を演じる山本舞香

 『ルパンの娘』シリーズを手がけた横関大氏の最新作をドラマ化。現代に生きる“忍者の末裔(まつえい)”の夫婦を描くラブコメディー。「超実力主義」甲賀忍者の妻・草刈蛍(くさかり・ほたる/菜々緒)と、「超保守的」な伊賀忍者の夫・草刈悟郎(くさかり・ごろう/鈴木)が、離婚の危機に直面しながら任務に励み、互いの正体を疑いはじめる。

 山本は、蛍の妹の大学生・月乃雀(つきの・すずめ)役で、薬学部に通いながらライブ動画配信で月収30万円ほど稼ぐインフルエンサーのキャラクター。忍者コスプレ姿のダンスなどを配信して人気を集める自由人だが、実はとても家族思いで、ごく普通の恋愛に憧れている。

 ともさかは、蛍の姉で競馬の人気ジョッキー・月乃楓(つきの・かえで)役で、菜々緒、山本と“忍者美人三姉妹”となる。楓は、母親を亡くしたあと父や妹たちの面倒を見てきたしっかり者で、金銭への執着が強い一面も。対照的に、酒びたりで一人暮らしの父・月乃竜兵(つきの・りゅうへい)役を、古田が演じる。

 一方、勝地は、悟郎と同じ“伊賀一族”となる。悟郎の幼なじみ・親友で、世田谷中央郵便局の同僚でもある音無祐樹(おとなし・ゆうき)役。エリート上忍(忍者階級の最高峰)の家系で周囲の信頼も厚いが、親の敷いたレールに乗って生きてきた自分と違う悟郎に羨望(せんぼう)を抱いている。

 古谷が演じる風富小夜(かぜとみ・さよ)もまた、悟郎の幼なじみで、エリート上忍の家系。外資系保険会社で外交員として働く。悟郎の初恋の相手であり、小夜も悟郎にほのかな恋心を抱いており、3年ぶりに再会。悟郎が結婚していたことにひそかにショックを受けたものの、離婚寸前だと聞き恋心が再燃していく。

 筧は祐樹の妻・音無恵美(おとなし・めぐみ)役、市村は小夜の祖父で伊賀一族の最高権力者であり総帥の風富城水(かぜとみ・じょうすい)役を演じる。

 そして藤原は、世田谷中央郵便局にインターンとしてやってくる大学4年生・宇良豹馬(うら・ひょうま)役。Z世代の自由人で、忍者居酒屋でのバイトをきっかけに忍者マニアとなり仕事はやるきがなく、暇さえあれば動画やSNSを見て、ライバーである雀を応援する役柄となる。

■コメント
・山本舞香
「このお話をいただいて、とても面白そうな作品だなと思いました。10代の頃にご一緒したスタッフさん、監督とまたご一緒できてうれしいです。雀をしっかり演じさせていただきたいと思います!菜々緒さん、ともさかさんとの3姉妹でのシーンが楽しみです!」

・吉谷彩子
「風富小夜役を演じます。吉谷彩子です。最初忍者の役と聞いた時は、現代に忍者!?と、驚きましたが同時にとてもワクワクが止まりませんでした。小夜はお嬢様で穏やかな雰囲気を持った女性ですが、とても真面目で芯の強い女性でもあります。この作品に小夜がいいスパイスになっていければと思います」

・藤原大祐
「宇良豹馬役で出演させていただきます、藤原大祐です。宇良は、郵便局にインターンでやって来る、忍者が大好きな明るい大学生です。一見、能天気でお調子者のようですが、実は意外に冴える一面もあって…。そんな彼が伊賀、甲賀の忍者たちとどう絡んでくるのかぜひ注目して頂きたいです。忍者ラブコメディーを彩る一員として、毎週の楽しみをお届けできるように頑張ります!よろしくお願いします!」

・筧美和子
「台本を読んでいて笑いあり涙あり、それにハラハラドキドキする展開にとてもワクワクしました。この台本を読んでいると本当に忍者っているのかな?と思ってしまいます(笑)。私が演じる恵美は勝地涼さん演じる音無祐樹の妻であり一児の母でもあります。それぞれの家庭によっての夫婦の在り方もそれぞれ異なると思います。恵美という人物をしっかり育んで楽しんで演じていきたいです」

・ともさかりえ
「オファーをいただいたときは、忍者3姉妹だなんて楽しいなぁとワクワクしました。私が演じる楓は、職業がジョッキーという風変わりなお姉さんです。美しい妹たちを優しく見守りつつも、長女としての絶対的な圧は忘れずに演じたいなと思っています。個人的には、大好きな古田さんがお父さんという設定に心ときめく…。現場でみなさんにお会いできる日が楽しみです」

・古田新太
「現在おいらは舞台で伊賀者をやっとります。こっちのドラマでは甲賀者です。ひと月の間に伊賀と甲賀を行ったり来たりです。そんな奴もそういないだろうから楽しみです」

・市村正親
「忍ぶ者(もの)と書いて忍者…。忍者は子供の時から憧れでした。ましてや伊賀の頭領をやるなんてのは夢のようです。いろんな忍術を使って、この先もっと長生きして、いい役をやりたいなと思っています。そのためにも、忍者のいろんな術をクリアしていきたいですね」

このニュースに関するつぶやき

  • 「美人忍者三姉妹」  …『キャッツアイ』みてェだ
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定