『今際の国のアリス2』山下智久、恒松祐里、磯村勇斗ら新キャラたちの場面写真

0

2022年12月01日 08:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

キューマ(山下智久)=Netflixシリーズ『今際の国のアリス』シーズン2は12月22日配信開始 (C)麻生羽呂・小学館/ROBOT
 動画配信サービス「Netflix」で12月22日より配信開始となるNetflixシリーズ『今際の国のアリス』シーズン2の新キャラクター6人の場面写真が一挙解禁となった。

【画像】ギリシャ彫刻のような上半身をさらすキューマ(山下智久)

 同シリーズは、麻生羽呂氏の同名漫画(小学館)を佐藤信介監督のもとで実写化。生きる意味を見失っていたアリス(山崎賢人※崎=たつさき)やウサギ(土屋太鳳)たちが、元の世界に戻ることを希望として、命懸けの“げぇむ”に挑むサバイバルドラマ。

 元の世界に帰るために“今際の国”の謎を追いかけるアリスとウサギ。2人は謎を解き明かす鍵と思われる場所で仲間と敵、そして“げぇむ”を操る黒幕と出会う。“げぇむ”に勝利する度に手に入るトランプの数字のカードをすべて集めたアリスたち。残るはジャック、クイーン、キングの絵札のカードのみ。前作を上回る難易度とスケールの“げぇむ”に挑むアリスたち。果たしてすべてのカードが揃った時、彼らは元の世界に戻ることができるのか…!?

 今回解禁となった場面写真は、シーズン2でアリスに大きな影響を与えるクラブのキング、キューマ(山下智久)、生き抜くことに貪欲で、義足と弓矢で戦いに挑むヘイヤ(恒松祐里)、裏切りと欺瞞に満ちたげぇむ“どくぼう”の参加者であるバンダ(磯村勇斗)、マツシタ(井之脇海)、ヤバ(毎熊克也)、コトコ(さとうほなみ)のそれぞれの姿を切り取った新規カット6点。

 握手を求めるように右手を伸ばし、穏やかな表情を浮かべたカットが解禁となったクラブのキング・キューマは、かつてはバンドのボーカルとして活動していた過去があり、そのカリスマ性は強烈で圧倒的。ゲームマスターを務める“げぇむ”「すうとり」では、キューマと強い絆で結ばれたバンド仲間とチームを組み、アリス達の前に立ちはだかることになる。

 この「すうとり」では、5人1組で両チームの持ち点を奪い合うシンプルな内容だが、場合によっては相手の生死を決める選択を避けられない過酷なルールがある。アリスはこの“げぇむ”を通してキューマの確固たる信念を持つ生き様に触れ、生きることの意味を考え始める。

 そして、鋭い眼差しで何かを見つめるヘイヤは、「かまゆで」という“げぇむ”で片足を失いながらも、強い精神力と忍耐力で生き残った高校生。シーズン1のキーパーソンの1人であったアグニ(青柳翔)と出会い、行動を共にすることになる。ヘイヤは新キャラクターの中でもアクションシーンが多く、さらに義足で弓矢使いという難易度の高い戦闘シーンに挑んだ恒松に、アクション監督の下村勇二は太鼓判を押す。アクションシーンの数々は、本作の見どころの一つだ。

  「どくぼう」という裏切りと欺瞞(ぎまん)に満ちた“げぇむ”からは参加者のバンダ、マツシタ、ヤバ、コトコの場面写真が一挙解禁。着用した首輪の後ろに現れる、自分では確認することの出来ないマークを人に教えてもらい、正解を当てるというこの“げぇむ”。一見簡単なようだが、「どくぼう」のゲームマスターであるハートのジャックを見つけ出さねば“げぇむ”はクリアできない。

 「全員が他者に本当のマークを伝える」だけでは“げぇむ”は永遠に終わらず、いつか参加者に紛れ込んでいるハートのジャックに裏切られるかもしれないという状況で全員が疑心暗鬼になっていく。その中で、バンダは物静かでありながら、言葉巧みにマツシタを翻ろうし、マツシタは脱落者が相次ぐ“げぇむ”に恐怖を募らせる。支配欲が強く自信家のヤバは、早々にコトコを籠絡し、自分の信者のように従えて“げぇむ”の様子を伺う。脱落者が増えていくに従って、信じられるのは一体誰なのか、誰が嘘をついているのか。緊張感がみなぎる展開を見せる。

 個性豊かな新キャラクターたちが新たに参戦し、それぞれの“げぇむ”もパワーアップした“ねくすとすてぇじ”。アリスたちはどのように切り抜けていくのか!? それぞれが存在感を放つ新キャストたちがシーズン2をより面白くする。

    ランキングエンタメ

    前日のランキングへ

    ニュース設定