ビートルズ最初で最後の来日公演ドキュメンタリー、予告編解禁 ナレーションは満島ひかり

1

2022年12月01日 08:19  ORICON NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

ドキュメンタリー映画『ミスタームーンライト〜1966 ザ・ビートルズ武道館公演 みんなで見た夢〜』2023年1月27日公開(C)「ミスタームーンライト」製作委員会
 ザ・ビートルズのレコードデビューから60年となるタイミングで製作されたドキュメンタリー映画『ミスタームーンライト〜1966 ザ・ビートルズ武道館公演 みんなで見た夢〜』(2023年1月27日公開)の予告編が解禁された。ナレーションは、俳優の満島ひかりが担当している。

【動画】ドキュメンタリー映画『ミスタームーンライト』予告編

 わずか8年足らずの活動で世界中を熱狂させ、デビューから60年以上経った今もなお語り継がれる伝説のロックバンド“ザ・ビートルズ”。彼らはどのようにして日本で空前の大人気バンドになったのか。1966年、最初で最後の来日公演はいかにして実現したのか。

 日本武道館公演の舞台裏で活躍した知られざる立役者や熱狂の渦を目撃した証言者達は、何を思い何に突き動かされたのか。当時の映像と総勢50人以上のあらゆる年代の各界著名人の証言と想いを通して、ビートルズが広い世代に愛される理由と、日本における新たなビートルズ史を描くドキュメンタリー。

 解禁された予告編は、当時の裏側を知る高嶋弘之(元東芝音楽工業・ビートルズ担当ディレクター)、佐藤孝吉(元日本テレビ ディレクター)、日本武道館公演の熱狂を直に感じた加山雄三、黒柳徹子、尾藤イサオ、さらに、井口理(King Gnu)、奥田民生、峯田和伸(銀杏BOYZ)ら今の音楽シーンを牽引するアーティストが登場。出演者たちの「証言」や「想い」とともに、2022年9月25日に一般公開された警視庁撮影のビートルズ来日映像などとともに描かれた本編の一部を垣間見ることができる。


動画を別画面で再生する



    ニュース設定