戸田恵梨香×永野芽郁『ハコヅメ』地上波一挙放送 TVerでも3週間限定配信 放送文化基金賞受賞記念

47

2022年12月06日 06:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜』地上波一挙放送が決定 (C)日本テレビ
 俳優の戸田恵梨香、永野芽郁がW主演し、2021年7月期に放送された日本テレビ系連続ドラマ『ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜』が、過去1年間(2021年4月〜2022年3月)の番組の中から優れたテレビ番組・ラジオ番組や個人・グループに贈られる『放送文化基金賞(テレビドラマ部門)』の「最優秀賞」&「演技賞(永野芽郁)」を受賞した。これを記念し、29・30日の2日間、地上波で一挙放送されることが決まった。

【写真】映画でも共演!豪華な衣装をまとった戸田恵梨香&永野芽郁

 今作は『モーニング』連載中の原作人気漫画を実写化。通称“ハコヅメ”こと交番勤務に配属された新人警察官・川合(永野)が、心身ともにキツい仕事に疲れ果て、辞職願を出そうとした矢先、“パワハラ”で飛ばされてきたという噂の刑事課の元エース・藤(戸田)とペアを組むことにより、徐々に絆を深め、成長していく。「泣くし、笑うし、文句も言う」現実にありそうなお巡りさんのエピソードがリアルに描かれた。

 交番女子ペアへの共感と、爆笑シーン、ほろっと泣けるシーンが放送を重ねるごとに話題を集めた今作。テレビドラマ部門最優秀賞受賞の選考理由について同基金からは「女子会もする普通の女子である交番勤務の女性警察官にフォーカスしたこのドラマは、権力を振りかざすこれまでの警察物とは一線を画して、時代の変移を明確に映し出した。随所で笑いを誘うテンポの良い脚本は、シリアスな社会問題もしっかりと描き出しており、エンターテインメント性と社会性のバランスが絶秒だ。パワー志向で完璧な女性巡査部長に対してダメな主人公という設定も、『たたかわない』『がんばれない』人を応援する今日的な側面がある」と評価を受けた。

 演技賞に輝いた永野については「ドジな役柄を巧みにこなし、それが天然であるかのように見せながら、実はしっかりとした細かな配慮がなされている。視聴者の心を強くつかむ演技力を高く評価したい」とのコメントが寄せられた。

■放送スケジュール
12月29日(木)午前6時〜8時、9時30分〜10時30分
12月30日(金)午前9時〜午前11時25分 午前11時55分〜午後4時

 TVerでも26日から来年1月16日まで期間限定で3週間にわたって全話配信する。

このニュースに関するつぶやき

  • アニメは面白かった。実写版はどうだろう?
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(27件)

ランキングエンタメ

前日のランキングへ

ニュース設定