『ナイト&デイ』をリメイクしたインド映画『バンバン!』日本公開決定

1

2022年12月06日 12:38  ORICON NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『ナイト&デイ』リメイクした2014年公開のインド映画『BANGBANG!』が『バンバン!』の邦題で2023年2月10日より全国公開決定 (C)Fox STAR Studios
 トム・クルーズ&キャメロン・ディアスのコンビで大ヒットを記録した『ナイト&デイ』(2010年)を、リティク・ローシャン&カトリーナ・カイフのインドを代表する美男美女コンビでリメイクした『BANGBANG!』(14年)が、『バンバン!』の邦題で、2月10日より新宿ピカデリーほかにて全国公開されることが決定した。

【動画】旋風を巻き起こしているインド映画『RRR』予告編

 激しいアクションとロマンスをコメディタッチで描いた『ナイト&デイ』の作風は、1本の映画に喜怒哀楽全ての要素を求めるインド映画界のニーズにハマり、正式にリメイク権を取得。そこにさらなるアクションとロマンス、そしてド派手なダンスを加えて、マサラ風味にアレンジし、本国インドで14年に公開されると、その年の年間興行収入4位を記録した。

 世界を股にかける冒険とロマンスを描くため、製作費16億ルピー(約28億円)をつぎ込み、インドのみならずタイ、ギリシャ、ドバイ、チェコで撮影を敢行。
車やバイクだけでなく、水上スキーからF1カーまで、あらゆるマシンを駆使したカーチェイスや、絢爛豪華なダンスシーンが度肝抜くスケールで展開する。

 怪盗ラージヴィールを演じるのは、18年に“世界で最もハンサムな男性ランキング”で6位となった、インド映画界きってのイケメンスター、リティク・ローシャン。日本では今年9月に公開された『スーパー30 アーナンド先生の教室』(19年)では封印していたイケメンオーラ全開で、セクシーで謎多き完全無欠なヒーローを演じている。

 事件に巻き込まれ、地味な銀行員から、魅力あふれる女性に華麗な変化を遂げるハルリーンを演じるのは、“最もセクシーなアジア人女性“と評される『チェイス!』(13年)のカトリーナ・カイフ。『人生は二度とない』(11年)でも共演した2人のファンタジックな美男美女っぷりも見どころの一つだ。

 監督は、その後『WAR ウォー!!』(19年)でインド年間興行成績No.1を獲得するシッダールト・アーナンドが務め、ハリウッドを超えるインドアクションの第一人者の実力を発揮している。

 この度、解禁されたポスターでは、劇画の様な究極の美男美女っぷりを披露する2人の姿が描かれ、「あなたの日常に冒険とロマンスを!」という、劇中で平凡な日常から冒険に投げ出され、魅力的な女性に変化していくカトリーナ・カイフ演じるハルリーンと、本作の絢爛豪華な冒険とロマンスを目撃する観客に向けられたコピーが添えられている。
    ニュース設定