SixTONES京本大我、1年ぶり『The Covers』でユーミン&スピッツ名曲カバー さかいゆう“先生”のシティポップ解説も

1

2022年12月06日 15:00  ORICON NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

1月15日放送『The Covers』より(左から)リリー・フランキー、水原希子、さかいゆう、京本大我 (C)NHK
 NHK BSプレミアムの音楽番組『The Covers』の2023年1月シリーズ2本目の1月15日放送回のゲストが、SixTONESの京本大我とシンガー・ソングライターさかいゆうに決定した。「いま届けたい青春ポップス・ナイト!」と題し、松任谷由実、山下達郎、竹内まりや、スピッツの名曲カバーを届ける。

【画像】似てる?SixTONESのアバター

 『NHK紅白歌合戦』に3年連続出場も決まったSixTONESの京本大我は、1年ぶりに『The Covers』出演。前回、高い歌唱力が大きな話題を呼んだ京本は今回、10代の頃の思い出が詰まった1曲という松任谷由実「Hello, my friend」、子どもの頃から大好きなロックバンド・スピッツの名曲「スターゲイザー」をカバーする。さかいゆうとの合同トークでは、ユーミンやスピッツに感じる魅力や楽曲の思い出を語る。

 さかいゆうは自身のルーツである「シティ・ポップ」の名曲をカバー。自身にとって“音楽の教科書”と語る、山下達郎「SPARKLE」と、世界的に愛される名曲・竹内まりや「プラスティック・ラブ」を、新進気鋭のクリエイターチームorigami PRODUCTIONSとの激レアなコラボレーションで披露する。

 MCの水原希子は、さかいのグルーヴィーなパフォーマンスに終始踊りまくりで大興奮。リリー・フランキーも「アレンジとサウンドの全てがカッコよかった」と称賛し、京本が「高揚感がとてもありました。もっと聴いていたかったなと…もう一回見たいです!」とアンコールを要望。さかいは「じゃ、もう1回やろうかな」とノリノリで笑いを誘った。

 トークでは、世界的に人気のシティ・ポップの魅力や受けた影響を、さかいならではの視点で徹底解析。リリーは最終的に「さかい先生」と呼ぶほど大盛り上がりの展開となる。

 収録後、京本は「今回1年ぶりですけど、2回目に呼んで頂けてとても光栄でした。特に今回は、さかいさんの生のパフォーマンスを拝見させていただいて。本当にお客さんのような気持ちも味わいながら、リリーさん、水原さんと共に音楽トークもさせていただいて。なかなかない機会なので、改めてとても好きな番組だなと思いました」とにっこり。さかいは「言葉にして(自分のルーツを)語るって、ふだん一杯飲んでもここまで真面目な話はあまりしないので。僕もとてもいい機会になりました」と語った。

 リリーは「今回、京本くんも、さかい先生も、すごく思いのある曲を持ってきてくれたので、改めて自分でカバーして解体してみると、自分の好きだった意味や、理由にも触れることができますよね。カバーするって、そういうことなのでしょうね、自分を知ることができるというか」と締めくくった。
    ニュース設定