ハリソン・フォード最後の冒険『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』6・30日米同時公開決定

137

2022年12月07日 06:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

US版ティザーポスター=『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』2023年6月30日に日米同時公開 (C)2022 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved.
 映画界の巨匠スティーブン・スピルバーグ監督×「スター・ウォーズ」シリーズを手がけるルーカスフィルムの制作陣がタッグを組み、ハリソン・フォードが主演を務めたアドベンチャー・シリーズ『インディ・ジョーンズ』。世界的人気を誇るシリーズの最新作にしてハリソン・フォードにとって最後の作品となるタイトルが『Indiana Jones and the DIAL OF DESTINY』となり、その邦題が『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』に決定。来年(2023年)6月30日に日米同時公開されることも発表された。ハリソン演じるインディ・ジョーンズのカムバックを告げるとともに、新たな冒険への期待が高まる特報映像、ティザーポスターが公開された。

【動画】おなじみの曲が流れる見どころ満載の特報

 「インディ・ジョーンズ」は、考古学者にして冒険家の主人公インディ・ジョーンズが秘宝を求めて世界中を飛び回りながら、さまざまな危険や謎に立ち向かい冒険を繰り広げていくアドベンチャー・シリーズ。好奇心旺盛でハードボイルドなインディ・ジョーンズのキャラクターをはじめ、謎の遺跡やジャングルでのスリル満点な冒険や、思わずくすっと笑ってしまうようなキャラクターたちによる掛け合いなど、さまざまな要素で世界中を魅了。アドベンチャー映画の”原点“にして映画史に残る作品の一つだ。

 数々の賞にも輝いた1作目からシリーズを通して爆発的な人気を誇り、今ではテーマパークのアトラクションとしても日々親しまれるなど、世代を超えて語り継がれる作品となっている。

 今回解禁となった特報映像では、これまでの冒険の数々を振り返りながら、「インディ・ジョーンズ」シリーズにはなくてはならない、映画音楽界のレジェンド、ジョン・ウィリアムズによるテーマ曲「レイダース・マーチ」に乗せて、ハリソン・フォード演じるインディ・ジョーンズがカムバック。インディの代名詞ともいえる、華麗なムチさばきや、これまでの数々の冒険がフラッシュバックするような、巨大な丸い石が転がってくる場面や、カーチェイス、銃撃戦などのアクションシーンも含まれており、一瞬たりとも目の離せないものとなっている。

 これまで1作目からインディを演じてきたハリソン・フォードは、本作が“最後の作品”になることをすでに明言をしているが、映像の中には「何度も体験した――言葉を超えた奇跡を」、「何を信じるかは重要ではない――どれだけ強く信じるかだ」という、インディのせりふも。まさに、数多の冒険の中で、信じられないような力を持つ秘宝の数々を、トラブルに巻き込まれながらも強い信念をもって探求してきたインディのこれまでの生きざまを物語っているようだ。

 40年以上にわたって冒険を繰り広げてきたインディの集大成と言える本作は、観客をどんな冒険に連れていってくれるのか。そのほか、映像には若かりし頃のインディが謎の組織にとらえられている場面や、『インディ・ジョーンズ/レイダース 失われたアーク《聖櫃》』(1981年)や、『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』(89年)にも登場し、度々インディを助けてきた発掘屋サラー(ジョン・リス=デイヴィス)の姿も見られ、インディのこれまでの冒険や物語とも何か関わりがあるのか、気になるところだ。

■舞台は1969年、マッツ・ミケルセンが元ナチスのNASAエンジニア役で登場

 本作の舞台は、アメリカとロシアが激しい宇宙開発競争を繰り広げていた1969年。これまで、考古学者であり冒険家として歴史的な秘宝を追い求めてきたインディが、宇宙という未来の領域にその力を広げようという両国の間でどんな冒険を繰り広げることになるのか!?

 さらに、すでに出演が発表されていた日本にも多くのファンを持つ俳優マッツ・ミケルセンが、実在する人物からインスパイアされたという、元ナチスでありながらNASAのエンジニアとして働いている本作のヴィラン、ヴォラー役を務めることが明らかとなった。インディとヴォラーが本作でどのように対峙していくことになるのか。

 今回の映像の中には、マッツ演じるヴォラーの姿だけでなく、役どころは不明だが『マスク・オブ・ゾロ』などで知られるスペインの名優アントニオ・バンデラスも登場。未だ多くの謎に包まれている本作の今後の続報にも注目だ。

 本作は、5度のアカデミー賞受賞を誇る作曲家ジョン・ウィリアムズが作曲を担当するほか、『LOGAN/ローガン』(2017年)でアカデミー賞脚色賞、『フォードvsフェラーリ』(20年)で同賞の作品賞にノミネートを果たすなど注目を集めたジェームズ・マンゴールドが監督を務め、シリーズを通して監督を務めてきたスティーブン・スピルバーグが製作総指揮として携わる。

 ハリソン・フォードやマッツ・ミケルセンらハリウッドを代表する名優たちと、製作総指揮を務めるスピルバーグから監督のバトンを受け取ったジェームズ・マンゴールドによって生み出される最新作に期待せずにはいられない。


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • 面白そうですぅ!
    • イイネ!7
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(76件)

ランキングエンタメ

前日のランキングへ

ニュース設定