『おれは男だ!』森田健作、志垣太郎さんを追悼「かつての仲間として、また同志として本当に残念」

0

2022年12月07日 14:46  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

森田健作氏(写真は2013年撮影) (C)ORICON NewS inc.
 ドラマ『おれは男だ!』に主演した俳優・森田健作(72)が、同作で共演した志垣太郎さんの訃報を受け、コメントを寄せた。

■志垣太郎さんの写真つきプロフィール

 志垣さんの長男で俳優の匠(34)が6日に自身のツイッターを更新し、「父 志垣 太郎が2022年3月5日に遠征先の佐賀県において、急な体調異変による心不全により帰らぬ人となりました」と報告した。志垣さんは70歳だった。

 森田は「志垣さん…僕は彼のことを、いつも志垣ちゃんと呼んでいたのですが、もう50年前になるね。僕が主演した『おれは男だ!』にライバル役で出演したのが出会いのキッカケでしたね」と振り返り、当時のエピソードとともに偲んだ。

 撮影中の事故でケガを負った森田が休養中、志垣さんがドラマに転校生役で登場。「僕がドラマに出られずに現場は混乱していたようなのですが、志垣ちゃんは一生懸命の熱演してくれてね。とにかく僕としては彼に助けられたっていう思い出があるんですよ。事情はどうであれ、僕としてはドラマの撮影にアナを開けちゃっているわけですからね、辛かったのですよ。それが志垣ちゃんのおかげでドラマもいい形に進んだわけですから、本当に感謝したんですよ」と明かした。

 「そういった縁もあって、当時、朝の情報番組だったのですが、僕が持っていたコーナーに志垣ちゃんに出演してもらったことがあったのです。その時は釣り堀トークなんかをしたりして楽しかったですね。そのほかにも、旅番組に早瀬久美さんと3人で出演したことなんかもありましたね」と懐かしんだ。「とにかく、志垣ちゃんの魅力というのは、僕とは違った明るさがあることです。面白いこと、あるいは楽しいことことばかり言って笑わせてくれました」と、その人柄を語った。

 森田が千葉県知事に就任後は会う機会がなかったという。「僕も、今は以前の俳優に戻りましたが、かつての仲間として、また同志として本当に残念という言葉しか見つかりません。僕は今でも映画を作りたいという夢がありますが、その気持ちは志垣ちゃんも同じだったはずです。ですから、それが実現したとき、昔の仲間を呼んで一緒にできたのかもしれませんね」と、別れを惜しんだ。
    ニュース設定