ゆうこす&元ぼくりり・たなかが結婚「海よりも深く愛しています」

55

2022年12月07日 16:03  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

”ゆうこす”こと、菅本裕子  撮影:石川咲希(Pash)(C)oricon ME inc.
 モテクリエイターとして活動する“ゆうこす”こと菅本裕子(28)と、元「ぼくのりりっくのぼうよみ」として活動し、現在はシンガーソングライターのほか、音楽プロデューサーなどマルチに活躍する“たなか”(24)が7日、それぞれのツイッターを通じて、結婚したことを発表した。

【写真】寄り添う2ショットを添えて…結婚を報告した元ぼくりり・たなか

 ゆうこすは「いつも応援して下さっている皆様へ。私事で大変恐縮ですが、わたくし菅本裕子は、アーティストのたなかさんと入籍致しました」と発表。「彼はわたしに、漠然としかわからなかった『愛する』ことの意味を教えてくれました。そんな彼を、隣で支えることができたらとても嬉しく思います」と思いを記した。

 続けて「健やかなる日も病める日にも、ともに人生を歩んでいきたいです。海よりも深く愛しています。引き続き仕事にも邁進して参りますので、今後ともあたたかく見守っていただければと思います」とメッセージした。

 たなかは「私事で大変恐縮ではございますが、たなかは菅本裕子さんと入籍致しました。菅本さんは一生を共にする伴侶として本当に素晴らしい女性であり、また同時に、もっとも尊敬できる人間のひとりでもあります。そんな方にプロポーズを受け入れてもらえたことは何より光栄で、とてつもなくよろこばしいことです」とコメント。

 「彼女は骨太な長編映画みたいにバワーに満ちた方ですが、むしろ一緒に映画を観るような感覚で、日々起きる様々な出来事を楽しめることがとても幸せに思います。それが傑作であれ駄作であれ。日々お世話になっている皆様にはあたたかく見守っていただければ幸甚に存じます。二人共々仕事には今後とも益々邁進していくつもりですので、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします」と呼びかけている。

 ゆうこすは、福岡県生まれ。アイドルグループを脱退後ニート生活を送るも、自己プロデュースを開始し、「モテクリエイター」という新しい肩書で起業。現在はタレント、モデル、SNS アドバイザー、インフルエンサー、YouTuberとして活躍する。

 たなかは、2015年に高校3年生(17歳)で「ぼくのりりっくのぼうよみ」としてデビュー。4枚のアルバムを発表し大きな注目を集めるも、2019年1月をもってアーティスト活動を終了。その後は「たなか」と改名し、音楽プロデューサーとして活躍している。

このニュースに関するつぶやき

  • 女性自身 2022年12月9日 :新婚ゆうこす「WiFiは肌に悪影響」プロデュース化粧品が物議…医師は「科学的根拠なし」と警鐘  結婚し充実したプライベートを送る裏で、プロデュースする事業を巡って“炎上騒動”が  (続く
    • イイネ!4
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(40件)

ニュース設定