BiSHがソフトバンクCMで「与作」カバー、錦鯉・長谷川も初登場で元気に「はーい!」

0

2022年12月07日 16:22  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

「与作」を熱唱するBiSH(ソフトバンク「白戸家×SPY」シリーズ新CM「SPY テンテンスリー」篇より)
 6人組グループのBiSHとお笑い芸人の錦鯉・長谷川雅紀が出演するソフトバンク「白戸家×SPY」シリーズの新CM「SPY テンテンスリー」篇が、10日より全国で放映開始する。「与作」を熱唱するBiSHの動画を公園で観ている白戸家メンバーを、スパイ役の西島秀俊が“造園師”に変装して監視するという物語。CMの後半には、リズムに乗る白戸家が「与作」を熱唱していたところ、突然、斧を担いだ木こり役の長谷川が、まるで自分の名前を呼ばれたように「はーい!」と元気よく返事をして登場するというインパクトたっぷりの内容だ。

【動画】「解散を迎える2023年はどんな年?」CMメイキング映像で想いを語るBiSHのメンバー

 北島三郎や千昌夫らにより歌い継がれてきた歌謡曲「与作」への想いを情熱的な演出で表現したBiSHの歌唱シーン。撮影時のメイキング映像には、メンバーのチッチが監督に「この与作は切ない歌ですか?」と尋ねるなど、熱心に振りや表情を作り込む真剣な様子が収められている。

 さらに、メイキング映像の後半には、メンバーのインタビューも。アイナ・ジ・エンドは、「原曲を聞いた時、決意とか覚悟がいっぱいにじみ渡った曲だなと思って。それをBiSHが歌うのは結構大変だなと思いましたが、ソフトバンクバージョンにアレンジした与作ソングは、ちょっと楽しげな感じだったので、等身大で歌えたかなと思います」とコメントしていた。

 今年で15年目を迎えるソフトバンクの白戸家シリーズ。西島秀俊と仲野太賀が加わった「白戸家×SPY」シリーズは、今年9月に放送スタート。今回は、ソフトバンクユーザーが「PayPayカード ゴールド」を使用して、ソフトバンクのスマホ・携帯電話やネット、電気代などを支払うと、それぞれ「10%、10%、3%」のポイントが溜まるというもの。「与作」の歌詞を、「テンテンスリー」と替え歌したメロディーが印象的な内容となっている。


    ニュース設定