山里亮太&若林正恭がドラマ化『だが、情熱はある』4月より放送【コメント・設定あり】

23

2023年02月01日 05:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

オードリーの若林正恭、南海キャンディーズの山里亮太、の半生をドラマ化した日本テレビ系『だが、情熱はある』が放送決定(C)日本テレビ
 お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太、オードリーの若林正恭の半生をドラマ化した日本テレビ系『だが、情熱はある』が、4月より日曜ドラマ枠(後10:30)で放送されることが決定した。

【動画】Creepy Nuts、山里亮太&若林正恭『たりないふたり』への熱い思い

 それぞれ10代の頃からお笑い芸人を目指すも、なかなか日の目を見ず不遇の時代を過ごす。しかし努力の末、「M-1」準優勝となりブレイク。オードリー、南海キャンディーズは誰もが知る人気お笑いコンビとなるのだが、若林、山里、ふたりともに売れたことによる周囲の変化や「仕事」への疑問、ネガティブな思い。「相方の方ばかり売れていく」「じゃない方」といった嫉妬や妬み。そんな負の感情の中でもがいていた。そんな折、ふたりは出会うことになる。

 互いを知るうちに「負の感情を笑いにしよう」と、それぞれのコンプレックスを生かした漫才やコントを披露するユニット「たりないふたり」を結成。活動を始めた。2021年5月31日の無観客配信ライブをもってその活動も幕を閉じたが、5万5000人超えの観客を集めお笑いライブの生配信としては歴代の最高記録を打ち立てた。そしてついに「テレビドラマ」という新たな形で再びそれぞれの人生が交差することになる。

 以前から2人とも親交のある「午前0時の森」司会の水卜麻美アナウンサーも、番組終盤でのまさかのお知らせに思わず絶句。驚きと喜びをにじませた。若林役、山里役など出演者の気になる情報は今後追って発表となる。

■若林正恭(オードリー)の人生
なぜ失恋を6年も引きずってしまうのかわからない。なぜ飲み会がこんなにも苦痛なのかわからない。なぜ異性に話しかけられないのかわからない。なぜこんなにも毎日頭が痛くなるのかわからない。なぜ誰かに言われた何気ない一言に、何日も苦しみ続けなければいけないのかわからない。テレビスタジオで面白くもないのに、作り笑いをしている自分の存在がわからない。自分探しなんてダサい。わかってる。だけど、自分を探して見つけないと、この社会を生き抜くことができないのだ。そんな男がはじめた自分探し。ネガティブは、燃料にできるのだ!

■山里亮太(南海キャンディーズ)の人生
「人と関わる上で、一番簡単なやり方は、人と関わらないことだ」。子供の頃から「何者かになりたい」と夢見ていた。お笑い芸人を目指すも、本当は自信もなければ実力もない。
自分に都合良い「自信」を貼り付けて、「ハリボテの自信」と「偽りの天才」を作り上げていく。しかし次々と逃げていくコンビ相手。ライバルたちへの劣等感。注目を浴びるのは相方のしずちゃんだけ。悔しくてひどいことをたくさんした。しずちゃんへの映画「フラガール」の出演依頼を握り潰そうと画策した。気がつくと仕事場とは逆方向の電車に乗っていた。
気がつくと食べた記憶は全くないのに、デリバリーピザの空き箱が目の前にある。そんな夜が度々あった。自分は天才になれない。そう悟った日から、地獄のような努力が始まった。悔しさは燃料にできるのだ

■若林正恭コメント
地上波テレビで人様にお見せ出来るような人生ではないと尻込みましたが、ご縁に身を任せて「日テレさんにかわいがってもらいなさい」と二冊の拙著を送り出した次第です。

■山里亮太コメント
山里の人生がドラマに?誰の好奇心もくすぐらないのではないでしょうか?でも、このドラマのチームの言葉を聞いて、初めて僕の人生を見てほしいと思えました。見せてはいけない僕もたくさんあると思います、どうか嫌われませんように…今はそれを祈るばかりです。もし、うわっと思われるとしても1人じゃない!オードリーの若林くんも描かれるので、これは安心です。いろいろたりない僕たちがどんなふうに皆様に伝わるのか?僕も今から楽しみで仕方ありません。

■日本テレビプロデューサー・河野英裕氏コメント
山里亮太さん、若林正恭さん、おふたりが書かれたエッセイが大好きでした。「事実は小説より奇なり」を地でいくふたりの人生には、笑いと切なさと、そして情熱があふれていました。ふたりが出演するテレビや漫才、ラジオ、雑誌やネットの記事を追いかけ、知れば知るほどより多くの人に、ふたりを伝えたいと思いました。「嫉妬や劣等感、負の感情を燃料に」と山里さんが。「ネガティブを潰すのはポジティブではない。没頭だ」と若林さんが。エッセイの中でそう言っているから、自分も「負の感情を燃料に没頭」しているうちに、ふたりの人生をお借りして、ドラマにできることになりました。こんなに面白いふたりの実話です、ドラマがつまらないわけにはいきません。スタッフ・キャスト一同「だが、情熱はある」と燃え、めちゃくちゃ面白いドラマをお届けします!そして!ふたりを演じるのは誰・・・!?

■新日曜ドラマ「だが、情熱はある」
2023年4月スタート 毎週日曜午後10時30分 放送
脚本:今井太郎
演出:狩山俊輔、伊藤彰記
プロデューサー:河野英裕、長田宙、阿利極
チーフプロデューサー:石尾純

このニュースに関するつぶやき

  • どうも、若林さんが「読んだ本はごみにして捨てる」とテレビで言ってたので好きになれないのです。 本は大事にしたい派なのです。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(13件)

ニュース設定