北村匠海&中川大志『スクロール』、主題歌担当Saucy Dogが共感したシーン解禁

0

2023年02月03日 19:12  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

『スクロール』©橋⽖駿輝/講談社©2023映画「スクロール」製作委員会
北村匠海と中川大志のW主演の映画『スクロール』で主題歌「怪物たちよ」を書き下ろした人気バンド「Saucy Dog」石原慎也のインタビューが到着。併せて、本編映像が解禁となった。




本作で主題歌を担当した「Saucy Dog」は、Vo・Gtの石原慎也、Baの秋澤和貴、Dr・Choのせとゆいかで構成された3ピースロックバンド。石原さんの紡ぎ出すリアルな歌詞とメロディで若者を中心に圧倒的な支持を得ており、昨年末の第73回紅白歌合戦で初出場を果たすなど、いま最も注目を集めている。

石原さんは今回主題歌のオファーが来た際、率直にとても嬉しかったそうで、「まずどのような作品なのかを理解したくて、原作も映画もしっかり見させて頂きました。そしてこの作品の主題歌としてエンディングで何を伝えられるか、を考えました」と曲がエンディングで流れているところを想像しながら作り上げていったという。

本作を観て「これは俺の物語か? と錯覚するほど広く誰にでも当てはまり心に突き刺してくれる映画だと感じました」とコメント。

続けて「今でこそバンドを初めて明るく振るまえるようになりましたが、本来は〈僕〉に近い性格だと思います。どちらかと言われれば根暗で冴えない人生でした。ただ〈私〉の様に曲がったことが嫌いだったり、”菜穂”みたいに見栄っ張りで依存心が強かったり、誰が観ても共感出来る部分があるそんな映画でした」と、各キャラクターに共感できるポイントが散りばめられた本作を自分に重ねて歌に昇華していった。

その中で「ほとんど共感できるキャラクターの部分で書かせて頂いていますが、死にたい瞬間なんて誰にでもあるんだろうと思いました」と感じたそうで、「例えば一言で命を救えたり殺したりできる世の中、生きてこそ輝けるし生きているせいで苦しんでいるんだろうと思います」という。

「自分も含めてみんなが例外なく心に怪物を飼っている。良い怪物も悪い怪物も。そんな誰もが見えていない当たり前を書きました」と曲に込めたメッセージと共に、主題歌のタイトル「怪物たちよ」の由来についても語ってくれた。

また、以前この主題歌について「今までになくかなり攻めた歌詞」とコメントしており、特に「あなたの一言で簡単に人は死ぬんだよ。という意味で『言葉はピストル〜』の部分を書かせていただいていたり、『麻ロープで首を括り手にする自由』という部分は自分的にそこまで生々しく 歌詞を書いた事がなかったので、今までになく攻めた歌詞になっているのかな?と思っています」と、これまでとはひと味違う「Saucy Dog」の曲であることを明かした。

印象的なシーンを聞くと「ユウスケが森の母親に抗議しているシーンは僕もかっこいいなと思いました」と回答。

ユウスケの友人・森の葬式に集まった報道陣に社会のあり方を訴える森の母親に対して、テレビ局員として「自分もその社会の中に入ってませんか?」と矛盾点に鋭く切り込んだシーンを挙げた。そんな石原さんも特に印象に残ったという本編映像が今回解禁されている。

『スクロール』は2月3日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて公開。



(text:cinemacafe.net)
    ニュース設定