杉咲花と初タッグ、松居大悟・今泉力哉・三宅唱 気鋭の監督たちが魅力を語る

1

2023年02月09日 20:34  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『連続ドラマW-30 杉咲花の撮休』の完成披露試写会に登壇した(左から)今泉力哉、杉咲花、松居大悟、三宅唱 (C)ORICON NewS inc.
 俳優の杉咲花が9日、都内で開催されたWOWOWの『連続ドラマW-30 杉咲花の撮休』の完成披露試写会に登壇。本作を監督した松居大悟、今泉力哉、三宅唱の3人も登場し、杉咲の役者としての、人間としての魅力を語り合った。

【写真】今泉力哉、松居大悟ら豪華な監督たちから絶賛された杉咲花

 架空の休日をパラレルで描く、「有村架純の撮休」「竹内涼真の撮休」「神木隆之介の撮休」に続くシリーズ第4弾。知られざるオフについて豪華な気鋭監督・脚本家たちが妄想を膨らまし、描き出した6つのパラレルストーリーを杉咲が本人役として演じた。

「何度も思い出して心の中で再生したいくらい特別な記憶として残っている作品。強固な制作陣が携われている作品はほかにないと思うので、とてもぜいたくな撮影時間でしたし、幸せでした」と振り返った杉咲。その後は、本作で初めて杉咲とタッグを組んだ3人の監督による“杉咲花をほめる会”と化した。

 まず、松居監督が「現場で裏切ってくれるし、ちょっとした表情、仕草を撮っているだけで成立する、すごいと思いました」とほめると、次に今泉監督が「やりにくいな、最初はずるいな」と苦笑いしながら「一人芝居でただ電話をしているだけのシーンを魅力的にしてくれて、現場でのたたずまいしかり、楽しんで、明るくいてくださるから現場が穏やかなって助かったし、技術があるのはもちろん、その前に人間的な魅力が出ていた」とべた褒め。最後に三宅監督が「言葉にすると同じになってしまうけど、かっこいい人だな、と思っていました。かっこよく撮りたいと思っていたし、かっこよく撮れたと思っています」と話した。

 ドラマの見どころは、一にも二にも「杉咲さん」と三宅監督。「自分が監督した作品の中でも新しいものが撮れたかな、と思っていたら、ほかのエピソードにはまた全然違う杉咲さんがいて、杉咲さんを見ているだけで面白いと思います」とアピールした。

 今泉監督は「さっきも控室で三宅さんが杉咲さんのことを『本当にすごいよね』『すごい、すごい』とずっと言ってて」と明かし、続けて「ほめてばっかりになっちゃうけど、三宅さんがかっこいい人と言っていたけど、肝の据わり方もそうだし、松居さんも三宅さんもいろいろ杉咲さんに大変なことをやらせてて、それを大変じゃないようにやってくださっていて、人としての魅力もそうだし、俳優としての魅力も出ている」と、満足度の高い仕事ができた自信をのぞかせた。

 松居監督は「6話全部テイストが違っていて、杉咲さんの部屋も全部違うんですよ、美術部が台本のイメージで部屋を用意していて、そういうことも含めて各話で違う杉咲さんを楽しんでもらえたら」と見どころを挙げていた。

 監督たちからほめられまくっていた杉咲は、素直なリアクションで終始和やかな雰囲気。最後に「私生活で非日常なことが起きると、ドラマみたいだな、と思うことがありますが、この作品の中では洗濯機が壊れたり、行きつけの店の名前に初めて気づいたり、(物件の)内見に行ったら画鋲が刺さっていた跡を見つけたり、日常生活で見落としてしまうような些細なこともたくさん描かれていて、小さな一つひとつの出来事が積み重なってその人の人生になるんだな、すべのて時間がドラマになるんだな、と改めて思いました」と本作の普遍的な魅力を語って締めくくっていた。

 同ドラマは、10日よりWOWOWプライムで放送スタート(毎週金曜 後11:30、全6話※第1話無料放送)。WOWOWオンディマンドでも配信(各月の初回放送終了後、同月放送分を一挙配信)。
ニュース設定