亀梨和也、カッコいいを超えておもしろい?日常の“カッコいい動作”を実演

0

2023年11月29日 07:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

30日放送『トークィーンズ』に出演する亀梨和也 (C)フジテレビ
 3人組グループ・KAT-TUNの亀梨和也が、11月30日放送のフジテレビ系バラエティー『トークィーンズ』(毎週木曜 後11:00)に出演する。指原莉乃やいとうあさこら“バラエティー最強女子軍団”(トークィーンズ)が自らが行う事前取材をもとにゲストの素顔をスタジオで掘り下げていく同番組。今回は世間的にもクールで“カッコいい男”である亀梨の“カッコよさ”を掘り下げていく。

【動画】お前は誰だ…?『怪物の木こり』特別映像が公開

 事前取材をしたのはファーストサマーウイカ。亀梨の一つ一つのスマートすぎる所作に、感心するトークィーンズであったが、あまりにも続くカッコつけに、次第に“カッコいい”を越えておもしろく見え始め、遠慮なくツッコミを入れ始める。カッコいい所作を研究し、あらゆるパターンを知り尽くした亀梨から、もっとカッコいいを引き出すべく、スタジオではトークィーンズがシチュエーションを考え、亀梨に「◯◯な時の亀梨流カッコいいパターン」を披露してもらうことに。

 指原はサッと公園のベンチに座る時、藤田ニコルはインターホンのモニターに映る時など、日常生活で誰しもが起こりうるシチュエーションを提案し、亀梨が実際に再現していく。トークィーンズにカッコいいポイントを聞かれ説明していく亀梨は「ぼく、基本意味がある」と、“亀梨流カッコいいパターン”にはすべて“意味”があることに気づくのであった。

 スタジオではさらに「芸能人スイッチ」が入る瞬間についてトーク。亀梨からは「若い頃は、スーパーで買ったネギが袋から出ているのが恥ずかしくて、左に袋、右にネギを持っていた」「ネギを切ってもらえるスーパーも知っている」という仰天エピソードが飛び出す。

 「誰にも見られてないけれどやってしまうこだわり」というテーマでは、亀梨が「ドアの閉め方が気に入らなかったらやり直す」というこだわりを明かす。なかなか理解してもらえず苦しむ亀梨だったが、「こだわりはリズム!リズムを崩したくないからやり直している!」と自分のこだわりを解釈することに成功。その後は、“こだわり=リズム”という定義を基に、トークィーンズがそれぞれ明かすこだわりを、亀梨が間髪入れずに「リズムです!」と、どんどんさばいていく。果たして、トークィーンズはどんなこだわりを持っているのか。
    ニュース設定