『ドキュメンタル』第13弾、原点回帰にして初の芸人コンビ戦  覆面姿のティザービジュアル公開

3

2023年11月29日 18:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン13 COMBINED、12月22日よりPrime Videoにて一挙独占配信 (C)2023 FANY Studio
 お笑い芸人・松本人志が企画・プロデュースする筋書きなしの笑わせ合いバトル新シーズン『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン13 COMBINED(本編4話、一挙配信)が、12月22日から動画配信サービス「Prime Video」で独占配信されることが発表された。あわせて、覆面姿の芸人コンビ5組が集結したティザービジュアルが公開された。

【画像】シーズン12の挑戦者たち

 同シリーズは、松本によって選ばれたお笑い芸人たちによる、妥協なしの、究極に自由な“笑わせ合いバラエティ”番組。「最後まで笑わなかった者、他者を笑わせてポイントを多く獲得したものが優勝」というルールのもと、2016年に配信開始以降、Prime Videoで不動の人気を誇るバラエティ番組だ。

 シーズン11、シーズン12には、「UNLIMITED」というサブタイトルが冠され、その名の通り、これまでのお笑い芸人の参加制限が外され、香取慎吾、貴乃花光司、ISSA(DA PUMP)、近藤真彦、長州力など、予測不能・豪華絢爛なタレント陣が出演し、笑いの死闘を繰り広げ、新境地を切り開いた。

 最新シーズンは、新たに「COMBINED」というサブタイトルが冠され、“芸人オンリー”の原点回帰にして前代未聞となる初のコンビ対抗戦となることが決定。さらに、優勝賞金はコンビ戦に相応しく、シリーズ史上最高金額の2000万円となることが発表された。※シーズン9のキャリーオーバー回あり

 解禁となったティザービジュアルには、松本によって選ばれた色とりどりの覆面を被った5組のコンビ芸人が集結。ビジュアル内には、お好み焼きのベルトや釘の突き刺さった大根が登場、それぞれのマスクにマークがプリントされ、謎が謎を呼ぶビジュアルとなっている。

 Amazon スタジオ ローカルオリジナル バイスプレジデント ジェームズ・ファレルは、「『ドキュメンタル』シリーズは、世界的にみてもPrime Video史上一番息の長い作品となります。シーズン13として、記録を更新し、初のコンビ戦という、新しい試みの最新作を、12月のホリデーシーズンにお客様にお届けできることを大変喜ばしく思います。世界中に笑いを巻き起こし進化し続けるドキュメンタルシリーズにどうぞご期待ください」とコメント。

 同シリーズのプロデューサーでもある松本は、「ちょっとしばらく、芸人さんと離れていましたよね。せっかくこんなに芸人がいるのに、個の戦いだけで終わらせるのは、もったいないなと。これは中々画期的と言いますか、初のコンビ対抗戦、初のタッグマッチとでも言いましょうか。コンビで負けるわけにもいかないでしょうから、今回は賞金2000万円でいいんじゃないかなと。脱落するときは2人同時に脱落するわけですから、これでコンビ仲がおかしくなるってことがあるのかもしれない。でも知らないです。関係ないんで」と、予測できない展開に期待を膨らませている。

 同シリーズは、日本発のお笑い番組フォーマット、海外版『LOL: Last One Laughing』として輸出され、国と言語、文化の壁を乗り越え、世界中に笑いを巻き起こしている。現在では、メキシコ・オーストラリア・ドイツ・イタリア・インド・スペイン・フランス・ブラジル・カナダ・スウェーデン・オランダ・アルゼンチン・ポーランド・ナイジェリア・コロンビアなど、15以上の国と地域(※2023年11月末時点)で配信。ドイツ版は、動画配信サービスにおいて3度にわたる高視聴率を記録し、国際エミー賞にもノミネートされた。『LOL: Last One Laughing』はドイツのPrime Videoにおいて最も人気・視聴率が高い作品としてヒットしている。また、フランス・イタリアにおいては、シーズン3が各国のPrime Video史上最高のヒット作となった。

このニュースに関するつぶやき

  • 下ネタ芸に女性芸人を巻き込む回は不快だったな。アマプラは基本的に見たい人が金出して見るスタンスだね。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定