赤楚衛二、ひげスタイルで『ベストドレッサー賞』受賞式に登場 歴史上の人物演じるため「決して無精ひげではありません」

1

2023年11月29日 19:30  ORICON NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『第52回ベストドレッサー賞』授賞式に出席した赤楚衛二 (C)ORICON NewS inc.
 俳優の赤楚衛二(29)がファッション性や話題性に富んだ人に贈られる日本メンズファッション協会主催『第52回 ベストドレッサー賞』の芸能部門を受賞し、29日に都内で行われた発表・授賞式に出席した。

【全身ショット】ヒゲ姿×スーツで登場した赤楚衛二

 赤楚は、シックなブラックスーツで登場し「デビューが21歳なんですけど、29歳で8年目になりました。こうしてベストドレッサー賞という歴史ある賞をいただいて大変、光栄に思います」と笑顔を見せた。この日はワイルドなひげ姿で登場。「実は今、映画の撮影をしてまして。歴史上の人物なんです。決してあの無精ひげではありません(笑)。ちなみに撮影では『ぜよ、ぜよ』言ってます」とちゃめっ気たっぷにり語る。

 ひげは自前で「こんなに生やして、皆様の前に立たせていただくのは初めてかと思います」とする。甘いマスクが印象的だが、ひげ姿も似合うと司会から告げられると「ほんとですか!ちょっとこれからも生やしていきたい」と笑っていた。

 政治・経済部門をスターバックス コーヒー ジャパンの水口貴文氏、学術・文化部門を建築家の隈研吾氏、芸能・スポーツ部門を俳優の赤楚、川口春奈、スポーツ部門を2023WBC日本代表監督の栗山英樹、特別賞をノーベル平和賞受賞者世界サミット副会長の伊藤玄聖が受賞した。
    ニュース設定