ゆりあ(菅野美穂)たち疑似家族に崩壊の危機 『ゆりあ先生の赤い糸』第7話

0

2023年11月30日 07:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『ゆりあ先生の赤い糸』第7話より(C)テレビ朝日
 菅野美穂主演のテレビ朝日系連続ドラマ『ゆりあ先生の赤い糸』(毎週木曜 後9:00)の第7話が、きょう30日に放送される。今回は、主人公・伊沢ゆりあ(菅野)たち疑似家族が“崩壊の危機”に直面。一方、禁断の恋を育んできたゆりあと子持ちの若きイケメン便利屋・伴優弥(木戸大聖)にも、“別れの危機”が迫る。

【番組カット】ついに“隠し子”疑惑の真相が明らかに

 前回の第6話では、ゆりあを真剣に愛する優弥が、別居中の妻に離婚届を送ったことが判明。しかし、優弥とホテルでベッドを共にするも、彼が過去のバイク事故のせいで性機能障害を抱えていることが発覚した。

 「俺は不良品」と自虐する優弥に対し、「私もかなりの中古品」と言って、気まずくならないよう配慮するゆりあ。互いの優しさを感じ、笑顔を交わした2人だったが、重い空気を完全に拭い去ることはできず、一人になったゆりあの目からは涙がボロボロとこぼれ落ちた。

 今夜放送の第7話では、ゆりあの心を複雑な感情が支配していく。優弥は自分自身が不良品だと思っているから、かなり年上の私を相手にしたのではないだろうか…その思いは、どこまでも重くのしかかってくることに。ゆりあに会いたがる優弥のこともつい、バレエのレッスン中に負った捻挫を理由に「会えない」と突き放してしまう。一時は「赤い糸で結ばれた運命の人」だと思った優弥との間に訪れる別れの危機。はたして、この恋はどんな結末へと向かっていくのか。

 一方、今夜はゆりあと同居する夫の“彼女”・小山田みちる(松岡茉優)の心も大きく揺らいでいく。ゆりあの夫・伊沢吾良(田中哲司)の“隠し子”かもしれない娘たちと共に、伊沢家に居候し、ゆりあとも友情を築き始めていたみちる。ところが長女・小山田まに(白山乃愛)にバレエを続けさせるか否かで、図らずもゆりあと衝突する。そこへ、みちる親子を家から追い出そうと企む吾良の妹・伊沢志生里(宮澤エマ)が、さらに追い詰めるようなことを、みちるに耳打ち。居た堪れなくなったみちるは突然「家を出ようと思う」と、ゆりあに告げる。

 何とかして、みちるを引き留めようとするゆりあ。一方、自分の孫かもしれないまに&小山田みのん(田村海夏)をかわいがる姑・伊沢節子(三田佳子)は、余計なことばかりする志生里への怒りを爆発。夫の“彼氏”・箭内稟久(鈴鹿央士)も含め、一見奇妙ながらも絆を強めつつあった疑似家族は、崩壊の危機に瀕してしまう。

 そんな中、ついにみちるがゆりあに向かって吾良との関係と過去を洗いざらい告白。今夜、ずっと有耶無耶だった“隠し子”疑惑の真相も明らかになる。さらに、いまだ寝たきり状態にある元凶夫・吾良に、夢にも思わなかった異変も起こる。
    ニュース設定