ジョイマン、吉本興業2023年営業ランキングでダントツ1位「何も変えずに昔ながらの味わいで」 グランジ・大、サバンナ八木ら抑え

36

2023年11月30日 16:22  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

営業ランキングでダントツ1位のジョイマン(左から)高木晋哉、池谷和志(C)ORICON NewS inc.
 お笑いコンビ・ジョイマンが11月30日、都内で行われたBSよしもと『営業-1 グランプリ 2023』の収録に参加した。

【集合ショット】スゴいメンツ!『営業-1 グランプリ』トップの吉本芸人たち

 ボートレースの営業に行きまくる大(グランジ)やおばたのお兄さんを抑え、名だたる芸人の中から1位となったのはジョイマンだった。2位の大は67回で、1位のジョイマンは112回とダントツの1位に。王冠を被って、スタジオに登場したジョイマンの高木晋哉は「うれしい、キョンシー」と喜び、池谷和志は「でた〜!」と反応。あまりにあっさりしたリアクションだったが、池谷は「営業は、これでいいんです」と断言していた。

 思い出に残る営業を聞かれると、1度目のブレイク後に人気が落ちたころの話だそう。高木は「スーパーのセールの盛り上げ。みんな見てくれなくて。でも『ななな〜、ななな〜』って一生懸命やっていたんです。おばあちゃんが10秒ぐらい見て『大した人間じゃない』と。ウケてないから、めちゃくちゃ覚えている。あのおばあちゃんに『大した人間だ』と言ってもらえるように」と営業に込めた思いを振り返った。この日、営業の歴史を振り返るほど、営業について詳しい八木真澄(サバンナ)も「納得です。夢があるよね」としていた。

 イベント終了後には、取材も実施。自身で仕事をもらうために頑張っていることを問われると池谷は「変わらずにネタをやり続ける。何も変えずに昔ながらの味わいで」ときっぱり。高木も「プロフィールの特技の欄に『スケジュール空いてます』って書いてます。それを見て、もしかしたら」と営業を取るための細部にわたるこだわりを明かしていた。

 取材には、八木真澄(サバンナ)、ジェラードン(かみちぃ、アタック西本)、ジャングルポケット、鬼越トマホーク(金ちゃん)、とにかく明るい安村、コロコロチキチキペッパーズ、ヨネダ2000、スマイル、レイザーラモンHG、祇園、ヘンダーソンも参加した。

 12月17日午後1時からBSよしもとで放送される。

■2023年営業出演回数ランキングTOP10(※吉本興業調べ)
1位:ジョイマン 112回
2位:大(グランジ) 67回
3位:八木真澄(サバンナ) 66回
4位:おばたのお兄さん 58回
5位:石川ことみ 51回
5位:ヘンダーソン 51回
7位:スマイル 50回
8位:スカチャン 47回
9位:祇園 45回
9位:レギュラー 45回

このニュースに関するつぶやき

  • 今仕事無いから営業は収入になる
    • イイネ!4
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(28件)

ニュース設定