「付き合ってるんですか?」重岡大毅&間宮祥太朗、顔近づけイチャイチャ Xmasツリー点灯の“共同作業”

0

2023年11月30日 19:31  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

顔を近づけイチャイチャしていた(左から)間宮祥太朗、重岡大毅 (C)ORICON NewS inc.
 7人組グループ・WEST.の重岡大毅、俳優の間宮祥太朗、中条あやみが11月30日、大阪・天王寺公園「てんしば」で行われた主演映画『ある閉ざされた雪の山荘で』(来年1月12日公開)“スペシャルトリックナイト”イベントに登場した。

【写真】大阪のおばちゃん乱入に驚く間宮祥太朗

 兵庫出身の重岡と大阪出身の中条にとってはホーム。間宮は神奈川出身だが、阪神タイガースのファンとして知られ、38年ぶり日本一“アレのアレ”を祝福した。間宮は「自分のことを阪神タイガースのファンと認知してくれている人が記者の方でもいらっしゃる」といい、「おめでとうございます」と声をかけられると喜んだ。

 クリスマスの幻想ムードから一転、大阪のおばちゃんユニット「オバチャーン」が乱入するコテコテイベントとなり、3人は大はしゃぎ。重岡が間宮に顔をギリギリまで近づけ、サービスする場面もあった。

 中条は「付き合ってるんですか?」「(クリスマス)一緒に過ごしちゃえば?」と爆笑。重岡もノリノリで、ツリー点灯のタイミングでは「なかなかない機会。思い出つくりましょうや!」と間宮と手を重ねて“共同作業”のようにスイッチを押し、イチャイチャが止まらなかった。

 同作は、東野圭吾氏が1992年に発表した同名長編小説(講談社文庫)を飯塚健監督が実写化。新作舞台の主役をかけた最終オーディションのため、ある山荘に集まった7人の若き劇団員たち。「大雪で閉ざされた密室」という架空の設定、そして「外部との連絡NG」「外に出たら即刻失格」という条件のもと、ライバル心をむき出しに異例のオーディションに挑むが…。
    ニュース設定