深澤辰哉の手からビーム…“妄想”壮絶アクションバトル 『今日からラブリーマン』第3話あらすじ

0

2023年12月02日 00:15  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『今日からラブリーマン』第3話 (C)テレビ朝日 MMJ
 9人組グループ・Snow Manの深澤辰哉が主演を務める、テレビ朝日系金曜ナイトドラマ『今日からヒットマン』(毎週金曜 後11:15)スピンオフドラマ『今日からラブリーマン』第3話が、1日深夜0時15分からTELASAにて配信スタートする。今回は、「この世で最もカッコいい彼女の取り戻し方」をシミュレーションということで恋敵と壮絶なアクションバトルを展開する。

【写真】手からビームを放つ深澤辰哉

 本編は相葉雅紀(嵐)演じる主人公の稲葉十吉がサラリーマンとヒットマンという不可思議な“二重生活”に奮闘するアクション・コメディー。スピンオフでは、十吉をたびたび困惑させるダメダメな部下・山本照久(深澤)を主人公にした“妄想”ラブコメディーを描く。

 第3話では、一度はあきらめたものの、謎の男・キンパツ(駒木根葵汰)となれなれしい感じでいるところをたまたま目撃してしまったため、山本のちなつ(山本舞香)への思いが再び爆発。さっそく、彼女を取り戻すべく暴走気味の“妄想”は加速していくが…なんと山本の手からビームが発射されて…。キンパツが夜空の彼方へと吹っ飛ばされることに。

 そんな山本の姿を見たちなつは、「やっぱり山本さんのことが忘れられない」とアプローチ、ヒーロー漫画のようなバトル、お決まりの都合の良すぎる展開を聞いた遠藤(勝村政信)は、またもや大いに呆れる。そして上司として「俺今いいこと言いました」と、自分でもびっくりの名言も飛び出す。

 しかし山本は、そんなアドバイスなどどこ吹く風。手からビームを出すべく、柔道着姿で猛修行に励む。相変わらずの山本と遠藤とのまるで漫才コンビのようなボケ・ツッコミの応酬がさえわたるだけではなく、道着を着てのほふく前進や、ヒーローも真っ青のビーム発射など、ここでしか見られない山本の姿を満載。深澤のコミカルな熱演にも注目だ。

 そして、これまで丁々発止のふざけたやり取りを繰り広げてきた山本と遠藤だが、今回は、遠藤から人生の先輩として、山本に恋愛アドバイス。ちなつに対する思いを「ちゃんと一回はちなつさんに打ち明けたほうがいいと思うよ」と、真摯に語る。そして山本は“シミュレーション”の本質を語りだすことに…。ふたりの関係性をグッと近くに感じることができる、エモーショナルなやり取りも見どころとなる。

 さらに、神出鬼没なちなつが、急にオフィスに現われ、リアルに山本と遠藤の目の前に。気を利かせた遠藤は、山本とちなつのふたりきりのシチュエーションを作るが、はたして、山本はちなつに本心を打ち明けることはできるのか。しかし、とんだ“邪魔者”が入っていまう。山本がちなつのとの“恋のビッグチャンス”をつかむべく、遠藤に誓った「あること」とは…。

■第3話あらすじ

食品会社「イージーフード」の営業部で、奇妙な動きで何やらシミュレーションしている様子の山本照久。部長の遠藤保は、新商品「ミラクルリンゴパイ」のCMで出会ったグラビアアイドルのリンコとどうすれば付き合えるかのシミュレーションだと思うも、実は山本はまだちなつのことが気がかりで…。

というのも、ちなつは二丁のことが好きだと悟り、カッコ良く身を引いたが、謎の男・キンパツとなれなれしい感じでいるところをたまたま目撃してしまい、彼からちなつを取り戻すシミュレーションを行っていたのだった。

こうして「この世で最もカッコよく彼女を取り戻す」方法を全力妄想する山本だが、大事にしたいのはリアリティーとのこと。しかし、彼のシミュレーションは、キンパツと対峙した際にピンチを迎え、なぜか秘めたる力が解放(!?)山本の手から出た気功砲で、キンパツははるか彼方へ――。

リアリティーとはほど遠い展開に呆れる遠藤から「力っていうのは、努力して手に入れるからカッコいい」と諭されるも、やがて山本は“シミュレーションの本質”を説くことに。そんな時、神出鬼没なちなつがオフィスに現れて…。
    ニュース設定