板倉梓『瓜を破る』が実写ドラマ化、久住小春が民放連ドラ初主演

9

2023年12月02日 07:04  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

板倉梓『瓜を破る』が実写ドラマ化、久住小春が民放連ドラ初主演

 板倉梓さんの漫画を原作とした実写ドラマ「瓜を破る〜一線を越えた、その先には」が、TBSの深夜ドラマ枠「ドラマストリーム」で2024年1月23日から放送決定。元モーニング娘。で俳優の久住小春さんが、EXILE/FANTASTICSのパフォーマー・佐藤大樹さんとのW主演で、体当たり演技に挑戦します。


【画像】W主演の2ショット


●久住小春と佐藤大樹のW主演


 性経験のない30代女性が抱える性的コンプレックスの行方を描いた同作は、事実婚やルッキズム、ノンセクシャルなど、さまざまな現代の悩みを抱えながらも、自分の殻を破っていこうとする群像ラブストーリー。原作は、板倉梓さんが芳文社『週刊漫画TIMES』で不定期連載中の漫画『瓜を破る』で、シリーズ累計350万部を突破した作品です。


 主人公の香坂まい子を演じる久住さんは、モーニング娘。卒業後、アニメ「きらりん☆レボリューション」で主人公役の声優を務めた他、ファッション誌『CanCam』でモデルとして活躍。民放連続ドラマ初主演となる今作について、「ラブシーンをはじめ、初挑戦の場面もたくさんあって、体当たりの演技をしています」とコメントしています。


 また、劇中でまい子と出会う、過去のトラウマから無気力で人見知りとなったOA機器管理会社の契約社員・鍵谷千里を、佐藤さんが演じます。


●久住小春コメント全文


 監督とお話しさせていただいて、“普通に見えてこんな子が実は”という部分を重要視して役作りしました。例えば、普段の私は人と会話するとき、相手の目を見て話しますが、まい子は目を見て話すことができないキャラクターなので、そういった自分に自信がない様子や、少し内気な部分を精細に演じました。


 ラブシーンは自分が出ていない作品では見たことがありましたが、実際演じるのはすごく緊張しました。スタッフの皆さんにたくさんご指導いただいて、無事に進めることができました。ラブシーンをはじめ、初挑戦の場面もたくさんあって、体当たりの演技をしています。


 まい子という役は本当にたくさんの方に共感していただけるのではないかと思います。精一杯まい子を演じていますので、ぜひたくさんの方に見ていただきたいです。よろしくお願いします。


●佐藤大樹コメント全文


 最初にこのドラマのお話をいただいたときは、すごくうれしかったです。漫画をイッキ読みしたら、内容も面白かったですし、原作ファンの方もたくさんいらっしゃるので、多くの方に愛されている作品をやるというプレッシャーを感じました。人に言えない悩みは誰しもが抱えているものだと思います。それを鍵谷はまい子と出会って乗り越えようとするし、まい子と出会ったことで中身も見た目も変わっていくという男の子かなと思います。今まで自分が演じたことのない役柄だったので、すごくフレッシュな楽しい気持ちで現場に臨んでいます。


 普段の現場では、たくさんしゃべってみんなを盛り上げるタイプですが、この現場においてはなるべく鍵谷でい続けたいと思い、現場で隅っこの方にぽつんといるようにしました。最初に久住さんにも、「静かにします」と断りを入れました(笑)。


 抱えている悩みがそれぞれ違う人物が登場するので、きっと視聴者の皆さんにも共感できる部分がたくさんあると思います。鍵谷も、視聴者の皆さんにたくさん愛される人物であってほしいという願いを込めて丁寧に演じていますので、ぜひ鍵谷の成長とまい子さんとの関係を見守ってもらえたらうれしいです。


●原作・板倉梓コメント全文


 撮影現場を見学させていただきましたが、キャストの皆さんや制作スタッフの方々が原作を丁寧に読み込んで、そのテーマや空気感、登場人物のことをとても大切にしながらドラマを作ってくださっていることがわかり、うれしかったです。原作者としても一視聴者としても、このドラマを見るのを楽しみにしています。


このニュースに関するつぶやき

  • このコミックは好き💕恋愛に不器用で、うまく回らないのが、またぎこちなくてかわいい。相手の彼も不器用だけどかわいい���줷����
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(6件)

ニュース設定