女芸人No.1『THE W』審査員全員続投 麒麟・川島、アンガ田中、塚地、笑い飯・哲夫、友近、マヂラブ野田の6人に【ファイナリスト一覧あり】

3

2023年12月02日 12:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『女芸人No.1決定戦 THE W2023』審査員を務める麒麟・川島明
 女性芸人の中から一番面白い“笑いの女王”を決定する、日本テレビ系『女芸人No.1決定戦 THE W2023』(9日 後7:00〜後9:54)の審査員6人がきょう2日、発表された。川島明(麒麟)、田中卓志(アンガールズ)、塚地武雅(ドランクドラゴン)、哲夫(笑い飯)、友近、野田クリスタル(マヂカルラブリー)が昨年に続き担当し、全員続投となった。

【写真】4人体制で初ファイナリストとなったぼる塾ら

 3回目の審査員となる川島は「年に1回、一番脳みそを使う。こんな異種格闘技戦ないと思いますし、年々レベルも上がってて楽しみではあるんですけど、本当に気合を入れて頑張りたいと思います」と気合十分。「常連さんもいるんですけど、忙しいメンバーもいるし、特にゆりやんとかは『何回優勝したら成仏してくれるんかな』という思いでもあります。でも、やっぱり『ゆりやんに獲らせてる場合じゃないぞ』っていう後輩がたくさんいると思いますから。ノリにノッているあの女性を叩きのめしてくれる後輩が出てきてくれたらなと思います」と願いを込めた。

 5回目となる田中は「また今年も蝶の季節がやって参りましたね。M-1とかキングオブコントとか見ててもネタのレベルアップはすごく進んでるんで、THE Wの方にもそっちの影響がすごい出てるなと思ってるんで、今年も審査に迷うことは間違いないんですけど、僕の感性と皆さんがどう思うかとかそういうバランスを考えながら投票したいなという気持ちではいます」と冷静にコメント。「新メンバーみたいな、初出場の方々が多いなと思ったので、そういう人たちがかき回してくれそうな気もするんで非常に楽しみにしてます!」とした。

 2回目となる塚地は「THE Wにおいて、蝶々を飛ばすわけですからこちらは。その蝶々が来なかったということで、根に持つ出場者いっぱいいるんで。おそらく彼女たちは一生忘れないだろうから。その怖さはありますね。今回もピンおる、コンビおる、トリオおる、カルテットおる、人数もまちまちやし、漫才、コント、ピン芸、バラバラなので決めるの大変なんですけど、逆に言うと『面白かった組に入れる』というシンプルな審査になるんだなと。比べるものがないから面白いかどうかだけ、どっちの方がウケたかという一点で決めたいなと思っております」と伝えた。

 5回目となる哲夫は「変ホ長調がいてるのはすごいなぁと思いますね。2006年のときのM-1の決勝でご一緒させてもらったことがある。ずっとアマチュアでお仕事もされながらでネタの精度を上げながらっていうことですから、スゴイですね。他の方はプロとしてやってますけど、変ホ長調はアマチュアということなんで頭の中でプラス200 点はしておきたいと思います」と感嘆している様子。

 3回目となる友近は「(今回のファイナリストは)初めての方もいらっしゃいますし、実力派の安定メンバーの方もいらっしゃるという感じですね。難しく考えず、その時面白いなと思った方に入れたいと思います!」とコメントした。

 2回目となる野田は「勝敗が明確についててほしいんです。今回は。僕が審査するまでもないな、っていう状態の戦いが続いてほしいです。なんかわかんないんですけど、前回競り出して全員。最後、僕の票で勝敗が決まるんですよ。『それずるくねえか』と思って。勘弁してくださいよあそこの位置、めっちゃ怖いんですから」と審査員の葛藤を吐露。「それこそスパイクとか、ずっと長いこと一緒にライブやってたし。あと変ホ長調さんね。皆覚えてますよ、僕らの世代は。M-1グランプリ、初のアマチュアが決勝に行ったっていうね。あの伝説の回で。しびれましたね。あれは。本当に言っちゃ悪いですけど、今だから言いますよ。『絶対スベろ』って思ってました。『絶対ウケんなよ』って思ってました。アマチュアが、M-1の決勝で。今回時間が経ってどうなったか楽しみですね」となつかしみつつ、期待を高めた。

 2017年にスタートした同大会は「WOMAN(女性)」と「WARAI(笑い)」の頭文字“W”を取って命名。女性という参加条件を満たせば、プロアマ、芸歴、人数、年齢を問わず、自由度の高い“女芸人の祭典”。漫才、コント、一人芝居、モノマネ、パフォーマンスなどジャンルは何でもアリの異種格闘技戦を展開する。

 今大会のMCは、5年連続となる後藤輝基(フットボールアワー)、水卜麻美アナが担当。大会サポーターは、2年連続で鬼越トマホーク、ニューヨーク、森田哲矢(さらば青春の光)が務める。

 決勝戦の対戦方式は、12組のファイナリストたちが4組ずつABCブロックに分かれて、1本目のネタを披露。審査員6人と視聴者のデータ投票「国民投票枠」の合計7票で、暫定1位と挑戦者のどちらが面白かったかを決める勝ち残りノックアウト方式を採用する。3つのブロックを勝ち抜いた3組で最終決戦を行い、同じく審査員6人と国民投票枠の合計7票で優勝者を決定する。

 これまで、第1回(2017年)ゆりやんレトリィバァ、第2回(2018年)阿佐ヶ谷姉妹、第3回(2019年)3時のヒロイン、第4回(2020年)吉住、第5回(2021年)オダウエダ、第6回(2022年)天才ピアニストが優勝に輝いた。

■各ブロック一覧
Aブロック
1:まいあんつ
2:はるかぜに告ぐ
3:スパイク
4:やす子

Bブロック
1:ハイツ友の会
2:紅しょうが
3:変ホ長調
4:梵天

Cブロック
1:ゆりやんレトリィバァ
2:あぁ〜しらき
3:ぼる塾
4:エルフ

このニュースに関するつぶやき

  • 選挙などでも思うが、政治や笑いに性差は必要なのか?個人的な関係、特別な仲でない限り必要なのは能力と独自性であって…
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ニュース設定