林遣都、うっかり天然発揮 昨年に撮った映画も「撮影は2年前ぐらいですかね」

0

2023年12月02日 12:26  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

映画『隣人X -疑惑の彼女-』の公開記念舞台あいさつに登壇した(左から)林遣都、上野樹里、熊澤尚人監督 (C)ORICON NewS inc.
 俳優の上野樹里(37)、林遣都(32)、熊澤尚人監督(56)が2日、都内で行われた映画『隣人X -疑惑の彼女-』の公開記念舞台あいさつに登壇した。

【写真】花束を手に…笑顔を浮かべる林遣都&上野樹里

 イベントの冒頭で林は「撮影は2年前ぐらいですかね。熊澤監督と、15年ぶりぐらいに、ご一緒させていただいて…」とあいさつしたところで、上野から「1年前!」とツッコミが。昨年10月に撮影されたそうで、苦笑いの林は「1年しか経ってないですか!すみません(笑)。なんだろう。 なんでこんなに遠く感じたのだろう」と照れ笑い。熊澤監督から「いろんな仕事してるからね」とイジられていた。

 改めて林は「監督に対する思いであったり、樹里さんとここまでプロモーションたくさんやってきたいろんな思いが、入り交じって、久しぶりに登壇して、心臓がバクバクなりました」と心境を明かす。「うれしさと緊張といろいろな思いが、あるきょうの僕です」と、しどろもどろになりがら話して笑わせていた。

 本作は、「第14回小説現代長編新人賞」を受賞したパリュスあや子の小説『隣人X』を、7年ぶりの映画主演となる上野と、初共演となる林で実写映画化。人間の姿をして社会に紛れる“惑星難民X”があふれる世界を舞台に、週刊誌記者の笹憲太郎(林)とX疑惑のかかった柏木良子(上野)を中心に、予測不能なラストが待ち受ける異色のミステリーロマンス。
    ニュース設定