安住紳一郎アナ、『レコード大賞』不要論に対して熱い思い 恐縮しながら「ちょっと立場が上の方になったんで」

101

2023年12月04日 05:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

TBS『第65回 輝く!日本レコード大賞』司会者発表囲み取材に出席した安住紳一郎アナ (C)ORICON NewS inc.
 TBS系で30日に4時間半にわたり東京・新国立劇場から生放送される『第64回輝く!日本レコード大賞』(後5:30〜10:00)が、このほど行われた記者会見で発表され、TBSの安住紳一郎アナウンサー(50)と俳優の川口春奈(28)が担当することが明らかになった。安住アナは11年連続総合司会、川口は今回で初めて司会を務める。

【写真】笑顔で手をふる安住紳一郎アナと川口春奈

 安住アナは「コロナでお客さんが制限されたりとか、そういう時期が3年ほど続いたんですが、去年からまたいつもの体制に戻りまして。この2023年に活動された音楽関係者の皆さん方が、今年1年を代表する曲を音楽関係者がそろって披露するという、日本のショービジネスの世界の中では非常に華やかなステージだと思いますので、またそこに携われることをうれしく思っています」とあいさつ。川口は「本当に驚きと、そしてすごく楽しみだなっていう思いと、安住さんが隣にいらっしゃる安心感。とにかくわくわくしております」と思いを語った。

 記念すべき65回目の『レコード大賞』。今年は、エンタメ界に大きな変化があった。「年末、いろいろ大きな音楽番組や『紅白歌合戦』などある中で、『日本レコード大賞』も、その年に生まれた曲を音楽関係者とともに振り返る。テレビにはアーティストしか映らないんですけれども、舞台袖にはそのアーティストを支えた音楽関係者や、日本のトップクラスのスタジオミュージシャンたちがその曲を演奏し、そしてファンの皆さんと一緒に喜ぶという究極の年末のライブだと私は感じてます」と話す。

 続けて「いろいろ開催が危ぶまれる声ある中で、また今年もあの開催ができるということは、関わる1人として本当にうれしく思いますし、実際にあの開催ができないんじゃないかっていうようなことも。2年前、3年前のコロナの時はありました。『レコード大賞』という名前で、もうレコードは実際に今誰も買ってないじゃないかとか、売り上げ枚数に比した成績ではないなど批判の声とか、もう賞レース自体不要じゃないかっていう声も、私の元には届いてます」と神妙な面持ちで語る。

 しかし、「もともと『日本レコード大賞』を始めた65年前もレコード会社専属の作曲家たちが、西洋から入ってくる音楽と、これまでの歌謡曲の分断の中で、一堂に会して、みんなで1年の活動を喜び、そしてファンの皆さんに感謝を伝える会があってもいいんじゃないかということでスタートした。60年経って、また今もほぼ同じような状況になってるかもしれないので、また66回、67回と回を重ねていくっていうことが必要なんじゃないかな」と熱弁。「私、主催者じゃないんですけども」と恐縮しながらも「関わってる1人として、そういう関係者の思いは感じている」と思いを代弁していた。最後はTBSの全てのスタッフを代表して番組への熱量を語ると「ちょっと立場が上の方になったんで。なんかコメントが偉そうになっちゃって、すみません」と照れていた。

 今年の「日本レコード大賞」候補となる優秀作品賞は、10曲中6曲のアーティストが初受賞というフレッシュな顔ぶれとなった。新しい学校のリーダーズが「オトナブルー」、緑黄色社会が「サマータイムシンデレラ」、JO1が「Trigger」、imaseが「NIGHIT DANCER」、市川由紀乃が「花わずらい」で初受賞。K-POP勢のNewJeansは日本デビュー前にして「Ditto」で初受賞し、特別賞とあわせて2冠。さらに、Mrs. GREEN APPLEが「ケセラセラ」、Adoが「唱」、純烈が「だってめぐり逢えたんだ」、BE:FIRSTが「Mainstream」で受賞した。

 最優秀新人賞候補となる新人賞は、1998年(第40回)に最優秀歌唱賞を受賞した鳥羽一郎の次男・木村徹二をはじめ、TikTokで「わたしの一番かわいいところ」が9億回再生を突破したFRUITS ZIPPER、乃木坂46の公式ライバルとして結成された僕が見たかった青空、LDHの新星ダンス&ボーカルグループ・LIL LEAGUEの4組が受賞した。

 今年の各賞の受賞者および楽曲は以下のとおり。司会者や放送内容・企画などは、今後順次発表される。

■『第65回 輝く!日本レコード大賞』各賞受賞者/作品

【優秀作品賞】(※曲名50音順)
「オトナブルー」新しい学校のリーダーズ
「ケセラセラ」Mrs. GREEN APPLE
「サマータイムシンデレラ」緑黄色社会
「唱」Ado
「だってめぐり逢えたんだ」純烈
「Ditto」NewJeans
「Trigger」JO1
「NIGHT DANCER」imase
「花わずらい」市川由紀乃
「Mainstream」BE:FIRST

【最優秀歌唱賞】
JUJU

【特別賞】(※50音順)
ano
「呪術廻戦」
NewJeans

【特別国際音楽賞】
ENHYPEN
YOASOBI

【作曲賞・作詩賞・編曲賞】
作曲賞 作曲者:Ayase 「アイドル」YOASOBI
作詩賞 作詩者:Hiro 「I’m a mess」MY FIRST STORY
編曲賞 編曲者:本間昭光 「星見酒(ほしみざけ)」天童よしみ

【新人賞】(※50音順)
木村徹二
FRUITS ZIPPER
僕が見たかった青空
LIL LEAGUE

【企画賞】(※50音順)
作品:「決定版 三波春夫映像集」 アーティスト:三波春夫
作品:「前略、道の上より」 アーティスト:EBiDAN(恵比寿学園男子部)
作品:「HIROBA」 アーティスト:HIROBA
作品:ヨーロッパ三部作「プラハの橋」「一枚の切符」「サンタマリアの鐘」 アーティスト:竹島 宏

【日本作曲家協会選奨】
辰巳ゆうと

【特別功労賞】(※50音順)
犬塚弘
大橋純子
KAN
小西良太郎
坂本龍一
櫻井敦司
高橋幸宏
竹村次郎
谷村新司
遠山一
三浦徳子
もんたよしのり

このニュースに関するつぶやき

  • DA PUMPの『U.S.A.』の時はカバー曲だから受賞させなかった回以降観なくなりました。
    • イイネ!9
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(76件)

ニュース設定