岡田准一“超ひらパー兄さん”続投、新CMは「電球を1個つけるだけ」 “Produced By 岡田園長”のイルミ開幕

60

2023年12月04日 09:21  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

超ひらパー兄さん園長 新CM「プロデュースドバイ」篇より
 俳優の岡田准一が、大阪府枚方市の遊園地・ひらかたパークの“超ひらパー兄さん・園長”を続投することが4日、明らかになった。岡田出演の新CM放送開始や、“岡田園長プロデュース”のイルミネーションが発表された。

【写真】冬バージョン岡田園長像「輝きの園」

 4日から関西地区でオンエアされる新CM「プロデュースドバイ」篇は、きらびやかな光の庭園のなか、ゆうぜんと歩いてくる岡田園長。そして、おもむろに電球を1個つけたその瞬間、壮大なイルミネーションは岡田園長プロデュースに早変わりするという内容。

 スタッフたちが電球ひとつひとつに思いを込め、ひらパーに美しいイルミネーションがまさに完成しようとした、そのタイミングを見計らったように、岡田園長がリニューアルされたメインツリーの前を通りかかる。そして、おもむろに電球1個をつけると、でかでかと「Produced By 岡田園長」のタイトルが入る。

 電球を1個つけるだけで、イルミネーションのCMが成り立つのか。リニューアルした光の装飾の美しさを伝えるため「静」に徹した撮影となった。

 果たしてうまくいくのか、固唾(かたず)を飲んで見守るスタッフだったが、岡田園長がカメラの前に立った瞬間、感動のため息となったという。静まりかえった広大なひらパー園内で、黙って電球をきゅっきゅと回す。これだけの動きで、全スタッフを引きつけた。バックのイルミの輝きもあいまってか、マジックショーを鑑賞したかのような満足感となったが、「本当にやったことは、電球を1個つけただけ」という。

 ひらパーの担当者は「リアルがファンタジーを引き立てる。それが今回のCMのテーマです。ファンタスティックなイルミをバックにリアルな計算を感じさせる園長の芝居。そこに全てがかかっていました。そしてCM。電球を1個つけるだけ、その最小限の体力で全部を持っていく、わびさびの極地のような園長の動き。逆にしなやかさすら感じさせます。ファンタスティックなイルミと絶妙なコントラストを生み出す、リアルきわまりない岡田さんの、めったに見られない電球をきゅっきゅとまわす姿をご堪能ください」と自信を示す。

 ひらパーでは、イルミネーション『光の遊園地 〜Flowering Illumination〜』を2024年4月7日までの特定日に開催。「光の遊園地」開催10年目の今年は「花」をテーマに、5年ぶりに大幅リニューアルし、ひらパー史上最多の7つのイルミネーションエリアが登場する。

 新CM「プロデュースドバイ」篇で、電球を1個つけただけで「光の遊園地」をプロデュースした岡田園長は、イルミネーション点灯時に自らの声で園内アナウンス。イルミネーションとともに岡田園長のアナウンスを楽しめる。

 また、超ひらパー兄さん就任10周年にあわせて、今年4月29日に建立された岡田園長像が9日から冬バージョンとなり、自らイルミネーションになった装いに。さらに「傍らにはCMで園長が1個つけた電球を展示します」という。

このニュースに関するつぶやき

  • 早くCM観たいナ〜���줷����
    • イイネ!8
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(30件)

ニュース設定