3児の父・ノンスタ石田、吉本と交渉し育児のため週休二日制導入「家庭内でゲストだった」

10

2023年12月04日 14:39  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『育業を、はじめるとき。〜大事な時間の過ごし方〜』トークセッションに登壇したNON STYLE・石田明 (C)ORICON NewS inc.
 お笑いコンビ・NON STYLEの石田明(43)が4日、渋谷・ヨシモト∞ホールで行われたドラマ『育業を、はじめるとき。〜大事な時間の過ごし方〜』公開試写会&トークセッションに参加。3児の父である石田が育児に積極的に参加するようになったきっかけを明かした。

【写真】透明感爆発!冬らしい白のニット登場した島崎遥香

 イベントでは、育児休業制度を指す“育業”についてのドラマが会場で流れたあとにトークセッションが行われた。子育てをするにあたって週休二日制を吉本に相談したという石田は、「コロナ禍で3ヶ月間の舞台がなくなったときに、あえて休んでみたら家の中にポストがなかった。職場のポストを守りすぎていて、実は家庭内においてのゲストやなって。レギュラーになれていなかった。それに気づいて、週休2日を取ることでレギュラーにちょっとずつなれるようになった」と家庭内のポジションを再認識したきっかけを語った。

 また、今年6月に出産を経験し、9月に仕事に復帰した相席スタート・山崎ケイ(※崎=たつさき)は「私は結構不安でした。うちは夫が落語家で2人とも自由業なので、やっぱり休むってことはつまり収入がなくなるということ。これから子どもを育てていくにあたってお金は絶対に必要なので、そのことに対する不安はありました」と正直な思いを吐露。

 そんな中でも相方・山添寛の理解があったことには感謝しているそうで「私が休むと、相方の収入も減ることになるのでそこも心配でしたが『そこはもう全然気にしないで、ほんとに休んでください』って言ってくれていた」と明かした。

 吉本興業は、育児を「休み」ではなく「大切な仕事」と考えるマインドチェンジを進め、「育業」を社会全体で応援する気運醸成に取り組んでいる東京都と連携。夫婦が育児と仕事に取り組み、育業する中で自分にとっての大切なものに気付く姿を描いた物語をドラマ化した。同作は本日、YouTubeこどもスマイルムーブメント、YouTube吉本興業チャンネルで公開される。

 イベントには、ドラマに出演した猪塚健太、島崎遥香、大野瑞生、藤原一裕(ライセンス)のほか、ゲストとして子育て中の山崎ケイ(※崎=たつざき)(相席スタート)も登場した。

このニュースに関するつぶやき

  • 逆に言うと、タレントからそういう交渉がない限りは週休2日も確保できない業界なのね…
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

ニュース設定