『M-1』ワイルドカードはダブルヒガシ 準決勝で全力注ぐ

13

2023年12月04日 19:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

ダブルヒガシ(C)M-1グランプリ事務局
 漫才日本一決定戦『M-1グランプリ2023』について、ワイルドカードとして準決勝に返り咲く1組が4日、発表され、ダブルヒガシに決定した。

【写真多数】今年のM-1出場芸人たち 実力派芸人たちが最速で表明

 20日から22日の3日間に行われた準々決勝には、合計123組の漫才師たちが参戦し、4分間のネタを披露。その中から、真空ジェシカ、ママタルト、オズワルド、令和ロマン、モグライダー、さや香、トム・ブラウン、カベポスター、ニッポンの社長らが準決勝へと駒を進めた。

 惜しくも準々決勝で敗退となった中から“特別出場枠”1組がワイルドカードとして進出。11月27日から5日間、TVerで公開された93組のネタ動画のうち面白い1組に投票する「ワイルドカード企画」で、ダブルヒガシが得票数1位に輝いた。ファイナリストの座を目指して、7日の準決勝で4分間に全力を注ぐ。

 今年は、12月24日の午後3時からテレビ朝日系で敗者復活戦が生放送され、そのまま午後6時30分から決勝が放送される形となり、7時間10分ぶち抜きで“聖夜”に『M-1』を届ける。

このニュースに関するつぶやき

  • ☆まずは、おめでとさん。 とはいえ・・・・・・(準決勝進出=敗者復活戦権利有故にCATV経由だが)全国ネットで見たかったなぁ・・・ヤングタウンの漫才。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(8件)

ニュース設定