山田裕貴が『Yahoo!検索大賞2023』俳優部門1位、赤楚衛二や森七菜もTOP5入り【各部門受賞者一覧あり】

1

2023年12月05日 00:00  ORICON NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真:MitsuruYamazaki(C)ORICON NewS inc.
 LINEヤフーは5日、2023年に前年と比べ検索数が急上昇した人物や作品、商品をランキング形式で紹介する『Yahoo!検索大賞2023』を発表。山田裕貴が「俳優部門」1位を獲得した。

【画像】「VIVANT」「【推しの子】」など…受賞ワードがズラリ

 山田の受賞理由について「主演を務めた『ペンディングトレイン―8時23分、明日 君と』のほか、『どうする家康』『女神の教室〜リーガル青春白書〜』など数多くのドラマに出演。また、映画『キングダム 運命の炎』では万極を演じるなど多くの話題作に出演し、検索数が上昇しました」とした。

 山田は今年、このほかにもNHK大河ドラマ『どうする家康』、映画『BLUE GIANT』、『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編』、『ゴジラ-1.0』など、出演作が絶えず、作品ごとに異なる魅力を放った。

 2位以下の発表については「ドラマ『舞いあがれ!』『風間公親-教場0-』『こっち向いてよ向井くん』などに出演した赤楚衛二さん、『真夏のシンデレラ』で主演を務めバラエティー番組でも活躍した森七菜さん、映画「東京リベンジャーズ」シリーズで主演を務めた北村匠海さんなど、ドラマや映画に数多く出演した若手俳優がランクインしました」と説明している。

 『Yahoo!検索大賞』は14年に開始され、今年で10回目。同賞の選考基準は、国内最大級の検索サービス「Yahoo!検索」のデータにもとづいているため、ユーザーの興味・関心が反映され、“国民が選んだ賞”となる。

 23年1月1日から10月15日の集計データをもとに、最も検索数が急上昇した「今年の顔」となる大賞のほか「人物カテゴリー(6部門)」(「俳優」「ミュージシャン」「アスリート」「お笑い芸人」「声優」「スペシャル」)、「作品カテゴリー(5部門)」(「アニメ」「映画」「ゲーム」「ドラマ」「楽曲」)を発表している。

 また、「ネクストブレイクカテゴリー(2部門)」では、「人物」「商品」として今後ブレイクしそうな人や商品などを発表している。

 なお、「Yahoo!検索」で「検索大賞」を検索すると、各部門の1位が検索結果上部に表示される。あわせて、各部門の1位〜5位のランキングも確認できる。

 「Yahoo!検索大賞2023」の主な結果は下記の通り。

【「Yahoo!検索大賞2023」の主な結果】
■人物カテゴリー
大賞:大谷翔平
俳優部門1位:山田裕貴
ミュージシャン部門1位:新しい学校のリーダーズ
アスリート部門1位:大谷翔平
お笑い芸人部門1位:とにかく明るい安村
声優部門1位:宮野真守

■作品カテゴリー
アニメ部門1位:【推しの子】
映画部門1位:君たちはどう生きるか
ゲーム部門1位:ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム
ドラマ部門1位:VIVANT
楽曲部門1位:アイドル
スペシャル部門(五十音順):岡田彰布、栗山英樹、藤井聡太

■ネクストブレイクカテゴリー
人物部門(五十音順):#KTちゃん、シクフォニ、林祐衣
商品部門(五十音順):赤ちゃんスクイーズ、ぬいポーチ、ビヨット
    ニュース設定