宮沢氷魚『コウノドリ』以来のTBS連ドラレギュラー「喜びでいっぱい」

0

2023年12月05日 04:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

日曜劇場『さよならマエストロ〜父と私のアパッシオナート〜』に出演する宮沢氷魚(C)TBS
 俳優の西島秀俊が主演、芦田愛菜が共演する、TBS系日曜劇場『さよならマエストロ〜父と私のアパッシオナート〜』(来年1月スタート 毎週日曜 後9:00)の追加キャストとして宮沢氷魚の出演が決定した。

【写真多数】西島秀俊、芦田愛菜ら主要キャストを紹介

 本作は、金曜ドラマ『凪のお暇』(19年)、『妻、小学生になる。』(22年)などを手掛けた大島里美氏によるオリジナルストーリー。劇伴を『テセウスの船』(20年)、『日本沈没―希望のひと―』(21年)などを手掛けた菅野祐悟氏が担当。東京音楽大学教授であり、日本クラシック界を牽引している世界的指揮者の広上淳一氏がオーケストラを全面監修し、東京音楽大学がオーケストラの演奏部分を全面バックアップ。今作が初共演となる西島秀俊&芦田愛菜が不器用な父と素直になれない娘の親子の愛の物語を紡ぐ。

 宮沢氷魚が演じる森大輝は、スーパーポジティブなトランペッター。大輝は小学生のころから吹奏楽部で活動し、練習も人一倍熱心。しかし、音程はすこぶる怪しく、感情がそのまま音に出てしまうため晴見フィルの演奏を台無しにすることも。また、普段は市役所の観光課に勤務していて、響とも職場仲間として次第に関係を深めていく。

<宮沢氷魚>
TBSドラマにレギュラー出演するのは2017年の『コウノドリ』以来なので、出演が決まったときは喜びでいっぱいでした。日々撮影をしている中で、音楽が持つ力や包容力に魅了されています。家族愛や友情といった様々な関係を音楽が紡いでくれます。この作品をご覧になってくださった皆さんが、日曜日の夜に笑顔になっていただけたら幸いです。
    ニュース設定