小芝風花、9ヶ月猛練習タップダンスシーンに注目『レディ加賀』予告編&場面写真解禁

0

2023年12月05日 08:30  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

映画『レディ加賀』場面写真 (C)映画「レディ加賀」製作委員会
 俳優の小芝風花が主演する映画『レディ加賀』(2024年2月2日より石川県内先行公開、2月9日より全国公開)の予告編と場面写真が解禁となった。10年前に加賀温泉を盛り上げるために結成された旅館の女将たちによるプロモーションチーム「レディー・カガ」から着想を得て企画された本作。小芝の新米女将としての着物姿や、クランクイン前に9ヶ月間猛練習を重ね初挑戦したタップダンスシーンにも注目だ。

【動画】映画『レディ加賀』予告編

 小芝が演じるのは、加賀温泉にある老舗旅館「ひぐち」の一人娘・樋口由香。小学校の時に見たタップダンスに魅了され、上京してタップダンサーを目指したものの現実はうまくはいかず、夢をあきらめて実家に戻って女将修行を始めることに。

 何をやっても不器用な由香は女将修行に苦戦するものの、持ち前の明るさとガッツで奮闘する。そんな中、加賀温泉を盛り上げるためのプロジェクトが発足し、由香は新米女将たちを集めてタップダンスのイベントを開催することになるというストーリー。

 今年10月に加賀市で行われた舞台あいさつの中で、「プロのタップダンサーを目指していた主人公を演じたのですが、これまでタップダンスの経験はなく、撮影9ヶ月前から練習を開始し、先生に指導をうけながら、自宅にも(タップボード用の)べニア板を用意して自主練習を行ないました。プロのタップダンサーに見えるように、精一杯練習に励みました」と語っていた小芝。その真っ直ぐさやひたむきさなど、小芝自身の魅力が、本作のヒロインにはあふれている。

 小芝の起用に関して雑賀俊朗監督は「本作はコミカルなシーンも多いのですが、若女将になるべくひたむきに努力する主人公の成長を描いているのでシリアスなシーンもあります。コミカルな演技も出来て、シリアスなシーンも演じきれるという点で小芝風花さんがピッタリだと思いました。さらに今回、タップダンスのシーンもあり大変な役でしたが、見事に演じてくれていて、小芝さんにお願いして本当に良かった」と絶賛している。

 そして、由香とともにタップダンスチームを結成する女将役として、松田るか、中村静香、八木アリサ、奈月セナ、小野木里奈、水島麻理奈らが参加。一丸となった新米女将たちが色とりどりの着物をひるがえして踊る“和風タップダンス”は、本作のクライマックスだ。

 由香の同級生で加賀温泉のPRに尽力する加賀市職員役で青木瞭、タップダンスイベントで町おこしを企画する天才観光プランナーに森崎ウィン、そして新米女将たちに心得を伝える「女将ゼミナール」の講師に佐藤藍子、由香の母親であり老舗旅館の女将でもある樋口春美を檀れいが演じる。

 タップダンスチームのメンバーや市の職員、観光プランナーもそれぞれの事情を抱え、必死に生きている人ばかり。春美の由香を見つめる眼差しは実に温かく、母娘の絆にもホロリと泣かされる。由香が仲間と走り抜けた先に見た景色は、一体どんなものだったのか。タップシューズが奏でる音や力強いリズムに心も弾み、明日に向かって一歩踏み出したくなるような映画の魅力がつまった予告編となっている。


動画を別画面で再生する



    ニュース設定