“廻”吉岡里帆&“翔”永山瑛太、恋の逃避行バレる…窮地に 『トキコイ』第9話は“梓”田中真琴が活躍【あらすじ&コメント】

0

2023年12月05日 08:30  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『時をかけるな、恋人たち』第9話より(C)カンテレ
 俳優の吉岡里帆が主演を務め、相手役で永山瑛太が共演する、カンテレ・・フジテレビ系火ドラ★イレブン『時をかけるな、恋人たち』(毎週火曜 後11:00)の第9話が、きょう5日放送される。

【場面写真】「広瀬のことがとにかく大好き」な“梓”田中真琴

 ヨーロッパ企画・上田誠氏のオリジナル脚本で、令和の時代を生きる常盤廻(吉岡)と、未来からやってきたタイムパトロール隊員・井浦翔(永山)の時空を越えた恋を描く、タイムパトロール・ラブコメディー。愛称は「トキコイ」。

 前回の第8話では、10年前の大学時代に時をさかのぼった廻と翔が、自分たちが恋に落ちていく一部始終を目撃し、「今度こそ結ばれよう」と愛を誓いあった。第9話では、そんな2人の逃避行が、タイムパトロール隊の隊長・和井内秀峰(石田剛太)の知るところとなり、基地に呼び戻されてしまう。ところが、待っていたのはおとがめではなく、会社の上司である猿谷昇(岩谷健司)の捜査だった。

 キーマンとなるのは、田中真琴演じる受付の梓。婚約者の広瀬(西垣匠)から廻と天秤にかけられ、振り回されることになるが、「梓若菜的な見どころは、梓がいろいろとナイスアシストをするところです。梓が意外と機転が効く受付ということもあり、いろんな物事が進むきっかけにもなるので、“ナイス梓!そんな人だったんだね、最高!”って視聴者の方々に思ってもらえるとうれしいです!」と呼びかける。

■田中真琴(梓若菜役)コメント

――今回演じられた梓若菜の役どころと、演じる上で心がけた点や大事にした点を教えてください!

梓は、広瀬のことがとにかく大好きで、一見きゅんきゅんらぶガール!に見えると思いますが、とても包容力があり自分の信じたことに、まっすぐで仕事も真面目にこなす、人として信じられる人だと思います。

――広瀬を演じる西垣匠さんとのシーンが多かったと思いますが、いかがでしたか?撮影現場でのエピソードなどもあればお願いします。

私、待ち時間とかも時間を見つけてはスタッフさんやキャストの方とコミュニケーションを取るのが好きなので、今回も西垣さんとも待ち時間にお話させていただいたのですが、私のしょうもない話にもケラケラと笑ってくださって、とても気さくで話しやすい方だなぁという印象でした。あと“役作りで体を大きくしたい”と話されていて、菓子パンとか高カロリーなものを食べられているのを何回か目撃していて、月日が経って“体大きくなったんです〜”って話されてたのですが、大きくなってもイケメンはイケメンでいいなぁと思ったのと、私は菓子パンとか食べなくてもすぐ太るので、うらやましいなぁと思ってました(笑)。

――婚約者の広瀬航。なかなかの男性版小悪魔っぷりですが、田中さんは広瀬のような男性は、ぶっちゃけいかがですか?

私は苦手かもしれないです。私はブレずに、まっすぐに愛されたいし、愛したいです(笑)!

――撮影現場はいかがでしたか?第9話では、吉岡里帆さん演じる廻、永山瑛太さん演じる翔との見どころシーンもありますが現場でのエピソードなどもあればお願いします。 

待ち時間で、私の部屋で起きているちょっとした不思議な話をしていたのですが、瑛太さんがそれを聞いていろいろ事案を検索してくださって「もしかしてそれ不思議話とかじゃなくてヒトコワ系じゃない?」って話になって、その場にいた私も吉岡さんも瑛太さんも西垣さんもみんなで鳥肌立ったのが忘れられない良い経験でした。

――第9話は梓さんの活躍回になります。田中さんの考える『トキコイ』9話の見どころを教えてください!

梓若菜的な見どころは、梓がいろいろとナイスアシストをするところです。梓が意外と機転が効く受付ということもあり、いろんな物事が進むきっかけにもなるので、“ナイス梓!そんな人だったんだね、最高!”って視聴者の方々に思ってもらえるとうれしいです!

――最後に、ドラマを楽しみにしてくださっている皆さんにメッセージをお願いします!

最初、梓若菜というキャラクターを聞いた時、実際いたら私は仲良くなれない系だわ〜とか勝手に思っていたけれど、話が進むにつれて、え、私結構好きかもってなって、現場でも梓ちゃん好きだわ〜ってスタッフさんに言っていただけたりもして、改めて人を表面だけで判断するのは良くないなと梓から教えていただけました。こんなふうにこの作品はいろんなキャラクターを色濃く立体的に上田誠さんが産んでくださっているので、全てのキャラクターから学ぶことがたくさんあって、そういう目線でも楽しんでいただきたいですし、この上田誠さんの世界観が私はとても大好きなので最後まで皆様にもどっぷり浸かって楽しんでもらいたいです!!! よろしくお願いします!

■第9話あらすじ

10年前の大学時代に遡り、甘酸っぱい恋の終わりを見届けた廻と翔は、今度こそ結ばれようと愛を誓い合う。しかし無情にも、2人の恋の逃避行はタイムパトロール隊の隊長・和井内の知るところとなり、廻と翔は基地に呼び戻されてしまう。

ところが、待っていたのはお咎め…ではなく、会社の上司である猿谷昇が、時間犯罪者と手を組んで金儲けをしているという事件報告だった。思えば、猿谷は2022年頃から突如として時代の先読みが上手くなったと過去を思い返す廻。広告代理店にとってはまさに金のなる木ともいえる未来の情報を、猿谷は時間犯罪者から入手していたのだ。和井内から猿谷の尻尾をつかむよう指令を受けた廻と翔は、今度こそ時間犯罪者を捕まえようと意気込む。

早速2人が廻の勤務先である「アド・アモーレ」に潜入すると、そこには翌日にプレゼンを控えた廻と広瀬の姿が。翔は初めて見る仕事中の廻に夢中になるが、広瀬が廻に好意的な眼差しを向けていることに気付くと、距離の近い2人に嫉妬を覚える。その頃、受付の梓もまた、楽しみにしていたデートを広瀬にドタキャンされ、さらに廻と広瀬の仲睦まじい姿を目の当たりにして落ち込んでいた。

すると次の瞬間、目の前に、さっき見た廻とは違う、もう1人の廻の姿が。混乱する梓を前に、窮地に立たされた廻は…。
    ニュース設定